« < 平成8年 夏 >   | トップページ | < 平成9年 秋・冬 >        »

< 平成8年 新年・冬・春 >    

.
  燃え尽きし篝煙りぬ去年今年   (伊勢神宮 外宮)
  拝礼の小脇に挟む冬帽子          〃
  起掛のおのれの顔に初笑ひ  
  初電話なきまま長子遠く在り
  松過ぎてまた足早の人の群


     夜の雪となりていそいそ酒支度
     木登りの子に枯落葉うづたかし   (五十鈴公園)  
     風花の風にあそびて地におりず
     凍道にまた人転びわれ転び

     猫がきて一家揃ひぬ置炬燵
     母坐して上座決まりぬ置炬燵
     母の粥うましうましと風邪を引く


     息白く「花いらんかなこふてんか」  (浦之橋商店街)  
     物売のつい銭こぼす寒さかな         〃          
     物売の掃いて立ち去る冬菜屑         〃
     物売の今日まだ見えぬ冬日向        〃


        海あかり花菜あかりの故郷よ
        一徹に町に残れる畑を打つ      (伊勢市大世古)
        春眠や旅かなはねば旅の夢
        魚屋に魚のにほひ水温む       (浦之橋商店街)
        何がなし遥かなるもの春愁
        春夕べひと日開けたる窓閉めて


        白木蓮の咲き切れば来る別離かな
        吾妹乗る飛機もう見えぬ霞かな    (中部国際空港)   
        春の夢今日見送りしひととをり
        独り言ふゑて妹ゐぬ春燈

       
        花冷や葬儀に並ぶ膝頭         (従兄浩氏葬儀)
        花屑の下水口よりとぎれなし
        鶯や墓地出でて時動きだす       (一誉坊墓地)
        春昼や独りぼつちの雲浮かび
        寧日や花種蒔いて文書いて


« < 平成8年 夏 >   | トップページ | < 平成9年 秋・冬 >        »