« < 平成9年 秋・冬 >        | トップページ

< 平成9年 夏 >         平成21年11月28日掲載

.
  父の忌を十とせ咲きつぐ鉄線花     (5月7日)
  父の忌の客をもてなす豆御飯         〃
  新茶買ひ可も不可もなき身過ぎかな
  幟立つ土佐の狭間の一軒家       (高知県)
  灯を消してなほ短夜を話し込む


  衣更へて身のたよりなき雨ひと日
  卯の花腐し鴨居に喪服掛けて干す   (加藤正一氏十年祭)
  山寺の盛衰ひそと著莪の花        (蓮随山 旧梅香寺跡)
  山門のほかなにもなき葎かな           〃
  短夜の海より明くる露天風呂       (南紀勝浦 浦島温泉)


  午後の暇偸みたたずむ花菖蒲      (伊勢神宮外宮 勾玉池)
  清々と勾玉池の花菖蒲               〃
  初菖蒲風捉ふるも幼かり              〃
  末社訪ふ人の稀なる苔の花        (伊勢神宮外宮)
  万緑や伊勢に日の神風の神            〃


         <三重県桑名市 吟行会下見>

          伊勢平野大きく梅雨に入りにけり       
          暮れがての大河の静寂梅雨深し    (揖斐・長良川)
          梅雨暗き鳥屋の孔雀や威を張るも   (九華公園 桑名城址)
          亀の子の塵芥と見られて泳ぎだす        〃
          今昔の七里の渡し蟹がをり


    さくらんぼ二人でつまみ恋ならず
    酒過ぎて時失へる水中花
    百合活けて母の起き臥し音少な
    自治会に出て扇風機の風の端
    鳰の巣も秘密の一つ少年期

    暑き日や血族のまた癌に逝き    (従姉逝去)
    羅の袖を押へて骨拾ふ           〃
    明易に点る提灯喪の家        (井上義治氏逝去)


    伊良湖岬佇てば夕焼の真只中    (愛知県渥美半島)
    志摩行くやみぎ蝉時雨ひだり海    (鳥羽市 パールロード)
    師に蹤きて海を眺むる雲の峰     (        〃    鳥羽展望台)
    落日の海に尾をひく露台かな 
    逝く夏の砂踏み鳴らし淋しみぬ


« < 平成9年 秋・冬 >        | トップページ