« ★<№2>2004年ベスト20句 鳥居真里子氏選 <2005/02/16> | トップページ | ★第28回俳人協会新人賞 ③ (平成16年度) <2005/03/26> »

2006年1月26日 (木)

★<№1>2004年ベスト20句 黛 執氏選 <2005/02/16>

sh0222-H170216

 俳句研究3月号の鼎談にて表記を三氏が語っています。
 かなり個人的に偏った選句振りでのベスト20句ですが、俳句の世界の一つとして興味深く鑑賞しました。

 ◆黛 執氏選
  <昭5神奈川生 「春野」主宰 「晨(あした)」所属 句集に「春野」「野面積」 (第43回俳人協会賞受賞)>

  涅槃図に入りきれざる鳥のこゑ   伊藤伊那男
  峡深し夕日は花にだけ届く     稲畑汀子
  けふも遠いところにゐる案山子かな 今井杏太郎
  日に一度くる夕方や雀の子     岩永佐保
  青空の張りつめて凍鶴となる    遠藤若狭男
  釣り人の後ろに桜立つてをり    大串明
  古雛まなざし水のごとくあり    奥坂まや
  枕やや高しと思ふ遠蛙       片山由美子
  元日や力を出さず声立てず     桂信子
  遠景に人の世見ゆる古巣かな    加藤三七子
  補聴器をはづせば盆のこゑがする  金子青銅
  葛の葉の蔭より順次泳ぎだす    小島健
  毎年の青田ことしの田が青し    斎藤美規
  年迎ふ山河それぞれ位置に就き   鷹羽狩行
  撃たれんと一頭の鹿澄みきりぬ   照井翆
  炎天にもの落したる音しづか    中丸涼
  落鮎のたどり着きたる月の海    福田甲子雄
  春惜しむ夜は贅沢に人と会ふ    保坂リエ
  日脚伸ぶ母の部屋から母のこゑ   本宮哲夫
  美しき落葉とならん願ひあり    森澄雄

| |

« ★<№2>2004年ベスト20句 鳥居真里子氏選 <2005/02/16> | トップページ | ★第28回俳人協会新人賞 ③ (平成16年度) <2005/03/26> »