« ★あざ蓉子氏 「花組」主宰 <2005/02/04> | トップページ | ★<№2>2004年ベスト20句 鳥居真里子氏選 <2005/02/16> »

2006年1月26日 (木)

★<№3>2004年ベスト20句 渡辺誠一郎氏選 <2005/02/16>

◆渡辺誠一郎氏選
  <昭25宮城生 「小熊座」編集長 句集に「潜水艦」余白の轍」(第3回加美俳句大賞スェーデン賞)>

  頭蓋より大きな蝶の来ていたり    あざ蓉子
  しもやけしもやけまつさかさまである 阿部完市
  空を鳥のながれてゆく夏の暮     今井杏太郎
  晴天に風は見えねど青嵐       岩田由美
  野遊びのやうにみんなで空を見て   大木あまり
  にほひなき不犯の生や浮氷      大木孝子
  釣人の後ろに桜立つてをり      大串明
  虚子の忌の黴のよろしきチーズかな  大島雄作
  枯芒原は空気のあり余りて      小川双々子
  空蝉の軽さとなりし骸かな      片山由美子
  元日や力を出さず声立てず      桂信子
  黒潮の遥かに柩八月の        川崎展宏
  松本サリン忌ざりがにの忌なりけり  小林貴子
  安部定にしぐれ花やぐ昭和かな    筑紫磐井
  蘭奢待どころか冬眠のさなか     永末恵子
  涼み舟ゆつくり月にまはしけり    中西夕紀
  老の日の自分を連れて歩きけり    成田千空
  天高しさびしき人は手を挙げよ    鳴戸奈菜
  暗くなるまで夕焼を見てゐたり    仁平勝
  さざなみは草へ上りぬ夏の月     正木ゆう子

| |

« ★あざ蓉子氏 「花組」主宰 <2005/02/04> | トップページ | ★<№2>2004年ベスト20句 鳥居真里子氏選 <2005/02/16> »