« ★ 岡本眸先生 毎日芸術賞受賞。 | トップページ | ★ 三橋鷹女忌(4/7)。 野澤節子忌(4/9)。 »

2008年2月28日 (木)

★ 坪内逍遥忌

 夜の10時を過ぎても火の気の無い部屋の室温計は12.3℃と少し気温が緩みました。

 今日 2月28日は逍遥忌。 
 小説家・演劇評論家・劇作家・英文学者の坪内逍遥の1935(昭和10)年の忌日です。
 角川俳句大歳時記にも逍遥忌として載っていますが、要領良く解説していますので、以下に抜粋してみます。

 「逍遥忌
  逍遥は安政6年(1859) 今の岐阜県生まれ。 「小説神髄」で勧善懲悪、荒唐無稽な物語を否定し、リアリズムの小説を提唱した。 二葉亭四迷、正岡子規などがその小説論に影響を受けた。 後半生の逍遥は早稲田大学を拠点に演劇活動に力を注ぎ、シェークスピアの翻訳や研究でも知られた。 晩年に俳句を作ったが、「小説神髄」では俳句などの日本の短詩は未開の世の詩歌だと論じた。(坪内稔典氏記)

     学窓に糸の一すぢ逍遥忌  伊藤敬子                     」 
 

 以上の様に俳句とも縁のあった坪内逍遥でした。 
 没後ですが昭和30年に 「 歌・俳集 ~坪内逍遥 短歌・俳句集~」が、平成10年に「柿紅葉 ~坪内逍遥の和歌と俳句~」(財団法人逍遥協会編)が出版されています。 

 以下 逍遥の句です。

     初かがみ眉の白髪をかぞへけり
     骨ばかりとなりても招く尾花かな
     もとの婢の子を連れてくる秋日和
     冬籠り画も描いてみたき茶目気あり
     駄にあえぐ馬人ならば勲位あらむ
     極楽の島つ岩根の初日の出
     やゝ癒えて降り立つ庭の桜かな
     何蟲かバトンを揮るぞ蝉しぐれ
     書きぞめの乾かぬ程やしたりがほ
     秋風や寸ほど延びし頤の鬚

|

« ★ 岡本眸先生 毎日芸術賞受賞。 | トップページ | ★ 三橋鷹女忌(4/7)。 野澤節子忌(4/9)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/40306630

この記事へのトラックバック一覧です: ★ 坪内逍遥忌:

« ★ 岡本眸先生 毎日芸術賞受賞。 | トップページ | ★ 三橋鷹女忌(4/7)。 野澤節子忌(4/9)。 »