俳話その他

2008年12月14日 (日)

★ 赤穂義士祭 吉良祭。

 今日 12月14日は赤穂義士祭
 深夜に赤穂義士が吉良邸に討ち入った元禄15年12月14日は旧暦です。 
 現在の新暦で言えば1703年1月30日にあたります。
 映画などでも常に描かれるように深々と雪が降っていたのは事実のようですが、厳寒の1月30日の事と知れば納得出来ますね。

 俳句では 義士会 義士の日 義士討ち入りの日 赤穂義士祭 義士祭 等を季語に詠まれています。

   大義よく人死なしむる義士祭      岡本眸
   義士祭の太鼓玩具として打たる    岸風三楼
   義士祭香煙帰り来ても匂ふ      石田波郷
   曇天の花重たしや義士祭       石川桂郎
   天へ逃げし義士討入の日の風船   加倉井秋を
   義士会や浅野家の墓所浪速にも   大橋敦子
   討ち入りの日は家に居ることとせり  大串章
   義士の日の火の線香を山と積み   檜紀代
   松に月義士討入の日なりけり     安住敦
    

 わが結社東海支部の句会出席の為に毎月訪れる岡崎からは吉良上野介の国元の吉良町はごく近くですが、ここ吉良町では上野介の命日であるこの日を吉良祭として盛大な法要を行います。
 吉良上野介は地元でその優れた統治から名君として親しまれ尊敬されているのだそうです。

 俳句に関連した話としては、赤穂義士の中で大高源吾が赤穂藩中で俳人として一家をなしていて、蕉門の宝井其角とも親交があり子葉と号しました。 
 吉良の様子を俳句仲間から収集して重要な役割を果たしていた事はよく知られています。
 しかし討ち入り前日に

   あした待たるるこの宝船

と源吾が其角に討ち入りを暗示したと云う有名な逸話はどうも芝居上の創作のようです。
 実際の大高源吾の句としては討ち入り後に詠んだ

   日の恩やたちまちくたく厚氷

の句碑が両国橋のたもとにある公園に今も残っています。


 赤穂義士の中にはその他にも俳人が多くいます。
 小野寺十内、俳号「里龍」
 神崎与五郎、俳号「竹平」
 原惣右衛門、俳号「来水」
 茅野和助、俳号「禿峰」
 間重次郎、俳号「如柳」 
 寺坂吉右衛門、俳号「万水」
 吉田忠左衛門。俳号「白砂」
 冨森助右衛門、俳号「春帆」 等々。

   ------------------------------------------------------
      <本記事は3年前に投稿したものを加筆再編集致しました>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

★ 初暦 と 岡本眸先生のお句

 本記事は都合上 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢【日々身辺抄】に掲載致しました。
 下記をクリックの上 ご覧下さい。

         ↓

Img_7711 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢【日々身辺抄】     ‘ 初暦 ’

 我が師 岡本眸先生のお句が一月に掲載されているカレンダーの話題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

★ 西行忌

image36
 暖かい日が続きますが、週末にはまた冷え込みそうです。
 一昨日2月15日は『西行忌』ですね。享年73歳でした。歳時記に2月15日と載ってはいますが旧暦での事ですから、新暦に当て嵌めると今年の場合3月14日となります。
「新古今和歌集」などで皆さんもご存知の平安時代の旅の歌人ですが、芭蕉が終生敬愛し憬れた歌人ですから俳人にとって最も近しい歌人なのでしょう。


        願はくば花の下にて春死なむそのきさらぎの望月の頃


と釈迦入寂の2月15日頃に没したいものだと詠み、この歌の通りに亡くなった事から西行崇拝が往時の全国に広がったとの話はあまりにも有名です。
 

        花あれば西行の日とおもふべし  角川源義


 西行忌を詠んだ俳句では、「願はくば…」の西行の歌を踏まえて詠んだ角川源義の句をまず思い浮かべます。

 松尾芭蕉が

        旅人と我名よばれん初しぐれ
        野ざらしを心に風のしむ身かな


等と詠んで旅に後半生を委ねたのも西行の生き様 和歌に憬れての事である事はよく知られていることですが、それだけに西行の和歌にちなんだ句を芭蕉は多く残しています。

 西行の和歌とそれを踏まえて詠んだ芭蕉の俳句の内から私の身近な伊勢と吉野で詠まれたものを併記してみます。

 まず伊勢での句

       何事のおはしますかはしらねどもかたじけなさに涙こほるる  西行
       何の木の花とは知らず匂哉  芭蕉

       吹きわたす風にあはれをひとしめていづくもすごき秋の夕暮  西行
       秋の風伊勢の墓原なほ凄し  芭蕉


 芭蕉は伊勢に5度以上訪れています。西行は伊勢に2年程庵を結び住んでいて、二見の近くに「西行谷」の地名が残っています。

 西行が一番愛したのは吉野と桜にて3年間過ごして多くの句を残し、芭蕉も西行を慕って数度訪れています。


        み吉野の山の秋風さ夜ふけてふるさと寒く衣うつなり  西行
        碪打ちてわれに聞かせよ坊が妻  芭蕉

        とくとくと落つる岩間の清水くみほすほどもなきすまいかな  西行
        露とくとく心みに浮世すすがばや  芭蕉

        吉野山こぞの枝折の道かへてまだ見ぬ花の花を尋ねむ  西行
        よし野にて桜見せふぞ檜の木笠  芭蕉


 (掲載写真は2年前に吉野を訪れた折に撮った「吉野山…」の西行歌碑です)

| | コメント (0)

2006年2月 3日 (金)

★岡本眸先生のお誕生日 <2006/01/06>

 今日は予報通り厳寒の一日にて氷が張っていました。今夜から明日に掛けて三重県も北部ではかなりの雪が降りそうです。

 1月6日は「消防出初式」の日。
 忌日では 「良寛の1831(天保2)年の命日」ですが、陰暦ですので新暦では2月3日にあたります。

   ぬばたまの黒飴さはに良寛忌  能村登四郎

 伊勢関係では「佐久鯉誕生の日」。ご存じない方が多いでしょうから下記に一寸説明を…。
 『1746(延享3)年、信州佐久の篠澤佐吾衛門包道が伊勢神宮の神主に鯉料理を献上した日。この記録が「佐久鯉」の最古の記録とされている』
現在でも信州佐久の名産として有名らしいです。興味のある方は下記にアクセスしてみて下さい。
     信州佐久・佐久鯉ガイド

 何といっても1月6日の特筆すべきは「岡本眸先生のお誕生日」です。

   生れし日の崖に対へり息白く  岡本 眸

|

★青々忌 <2006/01/09>

 1月9日は「成人の日」。何か15日でないとピンときませんね。
 神戸在住の折の今日9日の夜は「宵戎」、10日は「十日戎」に出掛けたものでした。
 愛称で「えべっさん」と呼びますが、恵比寿祭は関西方面で盛んなようです。
 特に兵庫県西宮市にある「西宮神社」は全国の恵比寿宮の総本社にて『商売繁盛でササ持って来い』と商売繁盛を願い 笹や熊手を求めてそれは賑わいます。東京の「酉の市」に匹敵するでしょう。

 10日に私の勤めていた会社では飾ってあった鏡餅を割って ぜんざいを作り社員一同で頂いたものでした。当時の暖房はまだストーブでしたから その上でコトコトと…。

 俳句関係で今日は「青々忌」。
 ホトトギス派の俳人 松瀬青々の1937(昭和12)年の忌日です。
  青々の新年の句を幾つか下記に。
 
   四方拝禁裡の垣ぞ拝まるる
   ひとり寝の一枚かふや宝船
   初夢の吉に疑無かりけり
   年棚はやや筋違にゆがみけり
   歯固やかねて佗しき飯の砂
   うかとしてまた驚くや事始
   七草の粥のあをみやいさぎよき

|

2006年2月 2日 (木)

★赤穂義士 <2005/12/14>

 12月14日は「赤穂義士祭」。303年も前の事件になるのですね。
 私が毎月訪れる岡崎から 吉良上野介の国元の吉良町はごく近くですが、ここ吉良町では上野介の命日であるこの日を「吉良祭」として盛大な法要を行います。
 上野介は地元ではその優れた統治から名君として親しまれ尊敬されているのだそうです。

 俳句に関連した話としては、赤穂義士の中で「大高源吾」が赤穂藩中で俳人として一家をなしていて、蕉門の宝井其角とも親交があり吉良の様子を俳句仲間から収集して討ち入りの日を決めるなど重要な役割を果たしていた事はよく知られています。
 しかし討ち入り前日に

   ゆく春やあした待たるるこの宝船

と源吾が詠んで其角に討ち入りを暗示したと云う有名な逸話はどうも芝居上の創作のようです。
 実際の大高源吾の句としては討ち入り後に詠んだ

   日の恩やたちまちくたく厚氷

の句碑が両国橋のたもとにある公園に今も残っているそうです。

|

2006年1月26日 (木)

★俳句寸感 <京都行 ひまわりさん> (のぶ) <2005/05/07>

3h170505
ひまわりさんのお句の感想です。

   < 清水の舞台彩る若楓  ひまわり >

 (清々しく綺麗に纏まっていて良いですね。
 ただ少し難しく申し上げると「若楓」だけでよくて、
「彩る」は言わなくても分かる描写ですから厳密に言え
ば必要無いのです。あまり上手い例ではありませんが、
代わりに

    清水の舞台迫り出す若楓

等と詠めば四方若楓の中へ舞台が迫り出しているように
作者が感じた事も表現出来て更に句意の範囲が広がります。
 たった十七文字の短い俳句では言わなくても分かる事は
省略するのが一つのコツですね。

 でも慣れるまでは言うは易く行うは難しですから、
「清水~」のお句は今はこれで十分に良く表現出来ている
と思います。)


   < 夏めいて喧騒嬉し京の夜  ひまわり >

 (このお句は 少し暑かった昼の観光も日が落ち 初夏の
夜の京都の繁華街を気持ち良く歩んでいる作者の思いを表
現していて個性がよく出ていると感じました。
 少し散文的な表現ですので

    喧騒も夏めきて佳き京都の夜

ともう少し韻文的に格好をつけてみました。)

|