« ≪フォト俳句(19)≫6/8梅雨晴・夾竹桃(伊勢市内) | トップページ | ≪フォト俳句(21)≫6/10皐月・勾玉池(外宮外苑) »

2004年6月 9日 (水)

≪フォト俳句(20)≫6/9蚊遣香(伊勢市内)

 陶器屋さんの前を通ったら蚊遣豚が店頭に出ていた。
 蚊取線香を入れる陶器は蚊遣豚と呼ばれるように
大きく口を開いた豚の姿と決まっていたものだが、 この
頃はフォトのように面白い姿の物もある。
 はて蚊遣豚と呼んでよいののかどうか。
   
  辻桃子が

     蚊遣豚蚊遣豚にぞ乗り売らる

と楽しい蚊遣豚の句を詠んでいる。
 電気式が普及している今でも結構売れるようだ。
 俳句では蚊取線香を‘蚊遣香’と云う
事が多い。
 調べが佳く何よりも字数が少なくて済むからである。


      消灯のあとの語らひ蚊遣香  暢一   

 
         sh0207-609.jpg
          蚊遣豚(伊勢市内)

|
|

« ≪フォト俳句(19)≫6/8梅雨晴・夾竹桃(伊勢市内) | トップページ | ≪フォト俳句(21)≫6/10皐月・勾玉池(外宮外苑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/721857

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(20)≫6/9蚊遣香(伊勢市内):

« ≪フォト俳句(19)≫6/8梅雨晴・夾竹桃(伊勢市内) | トップページ | ≪フォト俳句(21)≫6/10皐月・勾玉池(外宮外苑) »