« ≪フォト俳句(39)≫7/8蝉時雨・銀杏 | トップページ | ≪フォト俳句(41)≫7/12飼猫・昼寝 »

2004年7月10日 (土)

≪フォト俳句(40)≫7/10茅の輪・二見夫婦岩

 6月25日雨の二見夫婦岩を訪れた。6月中頃前後暫くは夫婦岩の真中から日の出を望める事から早朝写真家などで賑わう。
 この夫婦岩は約650m沖に沈む南北108mの興玉神石を礼拝する為の岩門である。
 有名な両岩を結ぶ5本の注連縄は年に3度神事と共に張り替えられる。
 この興玉神石を祭る事を起源とするのが二見興玉神社である。
 興玉神社の拝殿の前に茅の輪が設けられていた。
 茅の輪くぐりの神事は陰暦6月末であるが七夕のように新暦で行なわれているようだ。

   見つゝ来て茅の輪やまこと今くゞる  星野立子 

 茅の輪は左足から入り右足から出る事を3度繰り返す。


     躬に添へる藁の香茅の輪くぐるたび  暢一  
 
         
     hutami-tinowa225.jpg meotoiwa.jpg

    (掲示板7/10に補足としてその他 茅の輪 の句掲載)

|
|

« ≪フォト俳句(39)≫7/8蝉時雨・銀杏 | トップページ | ≪フォト俳句(41)≫7/12飼猫・昼寝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/935241

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(40)≫7/10茅の輪・二見夫婦岩:

« ≪フォト俳句(39)≫7/8蝉時雨・銀杏 | トップページ | ≪フォト俳句(41)≫7/12飼猫・昼寝 »