« ≪フォト俳句(99)≫12/28(№5)山茶花(伊勢・岡崎市内) | トップページ | ≪フォト俳句(101)≫1/4(№1)除夜篝・郵便局 »

2004年12月31日 (金)

≪フォト俳句(100)≫12/31門飾り・蘇民将来子孫門(伊勢市内)

 偶然ではあるが丁度100回目の記事にて大晦日を迎えた。
 ご覧頂いてきた皆さんに心から御礼申し上げる。
 
 今日の大晦日 伊勢市内や近郊の家々では一斉に門飾りの注連縄を新しい物と掛け変えている。
 掛け変えていると言えば疑問に思う方もおられるであろう。
 普通は正月が過ぎれば片付ける門飾りであるが、伊勢志摩地方は魔除けとして一年中飾りつけておくのである。 他の地方では見られない風習である。由来は定かではないが、恐らく伊勢神宮との係わりがあるのであろう。

 注連縄には表札のような木札が取り付けられている。 この木札を「門符」または「桃符」と呼ぶ。 「桃符」は昔 桃の木で作った事から付いた呼び名である。 今は檜が一般的らしい。
 そこに書かれている墨筆の文字は
 
    「笑門」 「笑門来福」 「千客萬来」 「蘇民将来子孫門」

等である。「笑門」「千客~」は門に掲げる意味として分かるが「蘇民将来子孫門」は故事来歴から来ているので説明が必要であろう。

 『宇治山田市(伊勢市の旧名)史』等では「備後風土記逸文」を引用して、スサノオノミコトが南海への旅の途中、蘇民将来・巨旦(こたん)将来という名前の二人の兄弟のいる地に立ち寄り、そこで、ミコトは一晩泊めてくれるよう二人に頼んだところ、弟の巨旦はとても裕福だったのに断った。
 兄の蘇民は貧しかったが親切にミコトを泊めてあげた。
 スサノオノミコトは喜び、蘇民に 「今後、この地に悪い病気が流行ったときには、蘇民将来の子孫であると言い、茅輪(ちのわ)を腰に着けなさい。そうすれば病気を免がれるでしょう」 と言って、その地を立ち去った。』
 という言い伝えを載せている。

 こうしたことからか、現在でも札に蘇民将来子孫と書いた注連縄を飾り、家の中に邪霊が入るのを防ぐ呪符の意味を持たせているのである。

       命綱神杉に掛け注連替ふる  早淵道子

 写真上の3枚は昨日近郊の農家から届いた我家の新しい門飾りと門松である。 
 門松は門の左右に6日迄飾られる。写真のように右・左の形が少し違っている。
 他の写真は一年間それぞれの家を守ってきて古くなった門飾りである。

         
         いつちし今年注連飾る  暢一


  sh0417-1 sh0407-2 sh0416-3
    sh0204-4 sh0430-5 sh0199-6
      sh0386-7 sh0206-8 sh0439-9
                 千客萬来            蘇民将来子孫門

|
|

« ≪フォト俳句(99)≫12/28(№5)山茶花(伊勢・岡崎市内) | トップページ | ≪フォト俳句(101)≫1/4(№1)除夜篝・郵便局 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/2416279

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(100)≫12/31門飾り・蘇民将来子孫門(伊勢市内):

« ≪フォト俳句(99)≫12/28(№5)山茶花(伊勢・岡崎市内) | トップページ | ≪フォト俳句(101)≫1/4(№1)除夜篝・郵便局 »