« ≪フォト俳句(104)≫1/14(№4)初詣(伊勢神宮・外宮) | トップページ | ≪フォト俳句(106)≫1/20伊勢湾・宮川河口 »

2005年1月19日 (水)

≪フォト俳句(105)≫1/17阪神淡路大震災10年忌

 今日1月17日 6,433人の犠牲者を出した阪神淡路大震災から10年となった。
 神戸は私が若かりし頃15年近く暮らした第二の故郷とも云うべき街でもある。
 街の姿は災害の跡形も無い程復興した神戸であるが、大震災の3年後に神戸時代の会社の元同僚達より、少し落ち着いたので久し振りに寄り集い新年会を開くから出ておいでよと誘われて、7年前の今日17日にまだまだ爪跡の残る神戸に出掛けた。
 
 彼等は皆甚大な被害を受けたものの幸いに亡くなった人はいなかったが、僅か3年後の事にて住居や独立して興した会社の再建がまだの人も何人かいたのである。
 テレビのニュースを見ながら彼等との再会のその時を懐かしく思い起こす。

     震災忌向あうて蕎麦啜りけり  久保田万太郎

 久保田万太郎のこの掲句で詠まれている「震災忌」は「関東大震災忌」の事にて秋の季語であるが、蕎麦を啜りながら往時の事を語り合っている情景は私の思い出とオーバーラップする。

 また阪神淡路大震災の事を冬の季語として「阪神忌」と詠む俳人も見られるが、認めようとしない俳人もいる。 私もその一人だ。
 しかし阪神淡路大震災の忌日を季語として定める事には異存なく、不本意ながら「阪神忌」が恐らく今しばらくを経て新しい歳時記や改訂版に載るようになるのであろう。  
      
    手袋を脱ぎ追悼の記帳待つ  暢一


sh0082-3 sh0086-4
 (近鉄伊勢中川駅より大阪方面鉄路)

|
|

« ≪フォト俳句(104)≫1/14(№4)初詣(伊勢神宮・外宮) | トップページ | ≪フォト俳句(106)≫1/20伊勢湾・宮川河口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/2623516

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(105)≫1/17阪神淡路大震災10年忌:

« ≪フォト俳句(104)≫1/14(№4)初詣(伊勢神宮・外宮) | トップページ | ≪フォト俳句(106)≫1/20伊勢湾・宮川河口 »