« ≪フォト俳句(121)≫3/31(№3) 梅・馬酔木(外宮神苑 勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(123)≫4/6 (№1)春の花壇・浦の橋商店街(伊勢市内) »

2005年3月31日 (木)

≪フォト俳句(122)≫4/3 蘇鉄・沈丁花(伊勢市郊外)

 伊勢市郊外の小さな旅館を兼ねたドライブンインへある会合出席の為に出掛けた。
 会合の後 喫茶部で珈琲を飲みながら庭の蘇鉄を眺めていると、蘇鉄の上部から写真1,2,3枚目のように尻尾のような物が長く垂れ下がっているのに気がついた。女将に尋ねると雄花との答えである。 図鑑で蘇鉄の雄花は夏 最上部に直立して薄黄色の花穂が出るとある。 この蘇鉄は昨年の花が枯れて垂れ下がってしまったものとみえる。
 
 蘇鉄は雌雄異株にて雌株の木の花と雄株の木の花とはまるで姿が違う。 写真4枚目が雌株の木、5,6枚目が雌花の枯れた物である。 雌花は近所で数日前に見つけた物にてまだ小さく低いゆえ撮る事が出来た。 ドライブインでの経験が無かったら雌花と気づきも意識もしなかったであろう。
 
 庭の蘇鉄は雌雄を対に配置して植えるのが一般的らしい。 庭石にも男石女石とあって、この庭でも雄の蘇鉄には男石が 雌の蘇鉄には女石が配してあった。 勿論その女将からの受け売りの話である。

 南国情緒のある蘇鉄であるが、以外な事に図鑑には原産が日本・中国南部と載っている。よく見られる蘇鉄は殆んどが日本原産らしい。 また植物には珍しく精子で受精する。これは他に銀杏があるくらいにて極めて珍しい事だそうである。

         木蓮が蘇鉄の側に咲くところ  河東碧梧桐

 この庭の蘇鉄に配された男石の側には沈丁花が咲いていた。

 
         沈丁や茶房の窓の雨催  暢一
         

sh0377-1 sh0380-2 sh0378-3
sh0382-5 sh0019-a sh0018-b
sh0376-7 sh0375-8 sh0374-9

|
|

« ≪フォト俳句(121)≫3/31(№3) 梅・馬酔木(外宮神苑 勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(123)≫4/6 (№1)春の花壇・浦の橋商店街(伊勢市内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/3489797

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(122)≫4/3 蘇鉄・沈丁花(伊勢市郊外):

« ≪フォト俳句(121)≫3/31(№3) 梅・馬酔木(外宮神苑 勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(123)≫4/6 (№1)春の花壇・浦の橋商店街(伊勢市内) »