« ≪フォト俳句(120)≫3/28(№2) 椿(外宮神苑 勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(122)≫4/3 蘇鉄・沈丁花(伊勢市郊外) »

2005年3月31日 (木)

≪フォト俳句(121)≫3/31(№3) 梅・馬酔木(外宮神苑 勾玉池)

 昨日(30日)朝 勾玉池に出掛けた。15日には2,3がほころんでいるにすぎなかった梅を見たかったからである。
 結果はそこそこの開花はしているものの、半月も立っている割にはまだまだの状態であった。
 この時期なので初めは桜だと思っていたのだが、どうも梅のようだ。 
 平成19年は2月に咲き出し、暖冬にしても早過ぎると思いよく見直してみたら、幹や蘂の長さから判断してやはり梅だ。 3月末なので桜と思い込んでしまっていた。

 外宮正面、勾玉池とそここに馬酔木の花が咲いていた。
 馬酔木は葉が有毒にて 馬が食べると酒に酔ったようになるから付いた名である事はよく知られている。

        馬酔木折って髪に翳せば昔めき   高濱虚子

 勾玉池を巡る小道に珍しく伊勢神宮の象徴の神鶏が2羽遊んでいた。
 神鶏は外宮境内の神楽殿辺りではよく見掛け、時に榊の枝に登っている様は絵になる。
 昔は尾長鶏が文字通り長い尾を梢の上から垂らしている景をよく見掛けたものであるが、いつの頃からか普通の鶏になってしまった。
 撮影の為近付いても神鶏は逃げなかったが、池の鴨は一目散に逃げて行った。
 

        神鶏の人に親しき花馬酔木  暢一


sh0044-1 sh0046-2 sh0043-3
sh0047-4 sh0040-5 sh0041-6
sh0052-7 sh0049-8 sh0050-9

|
|

« ≪フォト俳句(120)≫3/28(№2) 椿(外宮神苑 勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(122)≫4/3 蘇鉄・沈丁花(伊勢市郊外) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/3497187

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(121)≫3/31(№3) 梅・馬酔木(外宮神苑 勾玉池):

« ≪フォト俳句(120)≫3/28(№2) 椿(外宮神苑 勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(122)≫4/3 蘇鉄・沈丁花(伊勢市郊外) »