« ≪フォト俳句(129)≫5/2 (桜 №4) 宮川堤 ① | トップページ | ≪フォト俳句(131)≫5/7 蒲公英の絮 »

2005年4月30日 (土)

≪フォト俳句(130)≫5/5 (桜 №5) 八重桜・鯉幟 <宮川堤 ②>

 前回記事の宮川堤と 江戸時代に人柱となった松井孫右衛門を祀る旧堤との間に野球グラウンド跡がある。 と云ってもごく小さなものにて子供の遊びでかろうじて使用出来た程度のものである。
 4月下旬のそのグランド跡に鯉幟が写真のようにずらりと横並びに勢揃いして泳いでいた。 この頃各地でよく見られる光景であるが、私にはあまり感心出来ない光景でもある。
 鯉幟はやはり幟竿に泳いでこそ美しい。先端に矢車を頂き 吹流し 親子三匹の鯉幟の姿が美的に最も完成されたものと思う。(参考画像
 
 今日の5月5日端午の節句に合わせて掲載したみたが、 撮影時の宮川堤は既に桜の木も若葉して蘂(しべ)が地を赤茶色に散り染めていた。
 花見客で賑わったここも今は地元の人が散策やジョギングをしたり犬を散歩させたりと日常に戻っている。
 桜並木の途切れた堤をまだ暫く行くと八重咲きの桜が点在している場所がある。 花期の遅い八重桜は折しも満開であった。

    満ち足らふことは美し八重桜   富安風生
 
 堤を降りてみると 年配の男性が蒲公英の一面に咲く草地に座り込んで写生をしていて 実に絵になる景であった。


      蒲公英やここ老画家の指定席  暢一


sh0084-1 sh0075-2 sh0077-3
sh0060-7 sh0079-8 sh0080-9
sh0053-4 sh0085-5 sh0086-6

|
|

« ≪フォト俳句(129)≫5/2 (桜 №4) 宮川堤 ① | トップページ | ≪フォト俳句(131)≫5/7 蒲公英の絮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/3919618

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(130)≫5/5 (桜 №5) 八重桜・鯉幟 <宮川堤 ②>:

« ≪フォト俳句(129)≫5/2 (桜 №4) 宮川堤 ① | トップページ | ≪フォト俳句(131)≫5/7 蒲公英の絮 »