« ≪フォト俳句(124)≫4/9 (№2)春の草花(伊勢市内・浦の橋商店街) | トップページ | ≪フォト俳句(126)≫4/23 (桜 №1)桜蘂・牡丹桜 <外宮神苑 勾玉池、宮川桜堤> »

2005年4月20日 (水)

≪フォト俳句(125)≫4/20 (№3)青木&柊南天の花(伊勢市内・浦の橋商店街)

 そろそろ買い替えの必要があるなと思いつつ使っていたパソコンが遂にダウンしてしまった。 
 パソコンがと云うよりもディスプレイが横一文字の細い線しか映らなくなくなったのである。
 潮時とあれこれ検討した結果ネットでカスタマイズした上で取り寄せた為に思わぬ日が掛かってしまったが、ようやくに届いて早々に設置セットアップした次第である。 
 読者諸氏には不測の事態にて記事の更新にブランクが生じた事を心よりお詫び申し上げる。
 早速に下書済になっていた記事を手直しして取り急ぎ更新したのでご覧頂きたい。

 前回、前々回と同様 伊勢市内の浦の橋商店街の事であるが、歩道には常緑樹も植えられている。
 南側の歩道には青木柊南天が交互に植えられていて、今(4月初旬)どちらの木も花盛りである。
 写真の上3枚が青木、下3枚が柊南天だが、柊南天の鮮やかな黄の花に比べて青木は如何にも地味な色の花にて注意して見ないと咲いている事すら見逃してしまいそうである。

 青木の名は枝が濃い緑色をしていることに由来する。他に樹皮が緑色をしている事から名のついた木でよく知られているものに青桐がある。
 柊南天の命名も分かり易い。葉が柊に、実が南天に似ているからである。
 科を問わず柊の葉に似ているからと命名された植物には、柊草・柊木犀・柊黐・柊虎の尾、それに柊南天擬きと云ったややこしい植物名迄ある。

   かげろふや魚屋の水花舗の水   岡本 眸

 浦の橋商店街は小規模のショッピングセンターと県下有数の魚屋を中心にその他小さな店舗が集まった町中の近隣型商店街であるが、近隣町内の他に郊外の度会町、玉城町等の農村地帯をも商圏としている。
 買い物客との会話も弾む昔ながらの雰囲気を持っていて親しみ深い。


    春昼の花舗にきて選るプレゼント  暢一
 

sh0068-4 16-5 sh0067-6 

sh0063-1 sh0066-2  sh0065-3

|
|

« ≪フォト俳句(124)≫4/9 (№2)春の草花(伊勢市内・浦の橋商店街) | トップページ | ≪フォト俳句(126)≫4/23 (桜 №1)桜蘂・牡丹桜 <外宮神苑 勾玉池、宮川桜堤> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/3768154

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(125)≫4/20 (№3)青木&柊南天の花(伊勢市内・浦の橋商店街):

» 句帖 筆まかせ  十七 [いろは 伊呂波 IROHA]
 花見へとはづむ思ひを雨罩めて 間が惡いといふべし。    寄り合ひもお流れ萬づ見えぬ種 委員に委ねる論議、憂さ捨て聲  空曲搖り今日消えぬ瀬へ頬枕 袖延し有卦さす節會を はなみへとはつむおもひをあめこめてまかわるいといふべしよりあひもおなかれよろつみえぬたねゐゐんにゆたねるろんきうさすてこゑそらわゆりけふきえぬせへほほまくらそてのしうけさすせちゑを ... [続きを読む]

受信: 2005年4月21日 (木) 15:37

« ≪フォト俳句(124)≫4/9 (№2)春の草花(伊勢市内・浦の橋商店街) | トップページ | ≪フォト俳句(126)≫4/23 (桜 №1)桜蘂・牡丹桜 <外宮神苑 勾玉池、宮川桜堤> »