« ≪フォト俳句(134)≫5/14(桜 №7) 旧宇治山田中宿舎跡・小津安二郎② | トップページ | ≪フォト俳句(136)≫5/20 なんじゃもんじゃ(外宮神苑 勾玉池①) »

2005年5月17日 (火)

≪フォト俳句(135)≫5/17 躑躅 (岡崎駅)

 この八日は第二火曜日にて愛知県岡崎市の東海支部句会への出席の為に出掛けた。
 折に触れて岡崎行は記事にもしているが、伊勢の自宅から二時間半の所要時間はちょっとした小旅行である。
 私の降り立つJR岡崎駅は東海道本線の主要駅にも係わらず岡崎市中央部からはかなり西南に位置していて 岡崎市の中心駅では無いようである。
 名鉄名古屋本線が岡崎市と名古屋間のアクセスの主らしい。
 ただJR岡崎駅からは愛知環状鉄道が市中心部へ接続しているのと 新名古屋空港行のバスも発着していて利便の良い駅ではある。

 岡崎駅の東側は古くは栄えた町並みであったようである。花柳界まで見られたそうだが今はその面影もない。
 西側は閑静な住宅街が広がる。恐らく一昔前は田畑が広がっていたのであろう。
 岡崎駅の西口から駅を出ると駅前広場の鉄道記念碑のモニュメントに躑躅の花が盛りと咲いていた。

   紅つつじ花満ちて葉はかくれけり  日野草城  

 記念碑からは正午に鉄道唱歌が流れると書いてあるが、この駅に通うようになって既に十八年経つけれどもまだ聴いた事はない。 


      岡崎駅西口閑と花つつじ  暢一


     sh0259-2 sh0263-1
     sh0266-3 sh0265-4

|
|

« ≪フォト俳句(134)≫5/14(桜 №7) 旧宇治山田中宿舎跡・小津安二郎② | トップページ | ≪フォト俳句(136)≫5/20 なんじゃもんじゃ(外宮神苑 勾玉池①) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/4152119

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(135)≫5/17 躑躅 (岡崎駅):

« ≪フォト俳句(134)≫5/14(桜 №7) 旧宇治山田中宿舎跡・小津安二郎② | トップページ | ≪フォト俳句(136)≫5/20 なんじゃもんじゃ(外宮神苑 勾玉池①) »