« ≪フォト俳句(155)≫7/16① 田丸城址 | トップページ | ≪フォト俳句(157)≫7/22③ 古代蓮、西光寺(田丸) »

2005年7月19日 (火)

≪フォト俳句(156)≫7/19② 古代蓮、西光寺(田丸)

sh0440-a
 前回記事、田丸城の鬼門の方角の濠端に「西光寺」が建つ。
 田丸城主は北畠氏滅亡のあと、蒲生氏、稲葉氏、藤堂氏の代官と短い間に変遷していく。
 その内の稲葉氏が領地安泰を祈願する為に1608年に建立したのが西光寺である。浄土宗にて阿弥陀如来を本尊とする。
 今、この西光寺に「古代蓮」が大輪の花を咲かせていると聞いて一週間程前に訪れてみたが、カメラマン等で賑わっていた。

 揺らぎては刻あをあをと古代蓮   鍵和田釉子
     
 訪れた時はまだ疎らに咲いていると云った風情であったが、一斉に咲き揃った光景をぜひ見てみたいものである。


     蓮の風葉をうらがへしうらがへし  暢一 
 

sh0412-1 sh0413-2 sh0401-3
sh0383-4 sh0461-5 sh0380-6

|
|

« ≪フォト俳句(155)≫7/16① 田丸城址 | トップページ | ≪フォト俳句(157)≫7/22③ 古代蓮、西光寺(田丸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/5006762

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(156)≫7/19② 古代蓮、西光寺(田丸):

« ≪フォト俳句(155)≫7/16① 田丸城址 | トップページ | ≪フォト俳句(157)≫7/22③ 古代蓮、西光寺(田丸) »