« ≪フォト俳句(150)≫7/1花菖蒲 (二見菖蒲ロマンの森 ②) | トップページ | ≪フォト俳句(152)≫7/7 紫陽花① (二見菖蒲ロマンの森 ④) »

2005年7月 4日 (月)

≪フォト俳句(151)≫7/4花菖蒲 (二見菖蒲ロマンの森 ③)

hutami2-7
 花菖蒲は江戸時代より自生する「ノハナショウブ」の変わり咲きを元にして、江戸時代中頃より現在に至るまで改良を重ね続けて発達してきた日本が世界に誇れる園芸植物である。
 改良されてきた地域の名をとって、伊勢系 江戸系 肥後系と分けられている事は前にも述べた。
 伊勢系はどちらかと云うと鉢植えの鑑賞向けに発達してきたものにて、(147回)6/22の記事中 神楽殿での花菖蒲の写真がそれである。

 昔 自生のノハナショウブは各地で普通に見られたそうであるが、現在では希少種となってしまった。
 三重県明和町斎宮には地元民から「どんど花」と呼ばれて昔から親しまれている花菖蒲がある。
 この「どんど花」こそ「ノハナショウブ」にて花菖蒲の最古の原種として国の天然記念物に指定されている。(参照
 尚 斎宮は近年歴史的に注目され、発掘が進み歴史館や公園が建設されて訪れる人も多い。
 この事については昨年(45回)7/20~(48回)7/26の4回に亘って記事にした。(参照〔伊勢市近郊名所〕

    ほぐれそめ翳知りそめし白菖蒲   林 翔

 ぜひ訪れて「どんど花」を撮りたかったが叶わなかった。写真は二見菖蒲ロマンの森の花菖蒲である。 

         斎宮の古様の花菖蒲  暢一

                        
sh0077-1 sh0078-2 sh0079-3
sh0080-4 sh0083-5sh0092-a

|
|

« ≪フォト俳句(150)≫7/1花菖蒲 (二見菖蒲ロマンの森 ②) | トップページ | ≪フォト俳句(152)≫7/7 紫陽花① (二見菖蒲ロマンの森 ④) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/4799006

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(151)≫7/4花菖蒲 (二見菖蒲ロマンの森 ③):

« ≪フォト俳句(150)≫7/1花菖蒲 (二見菖蒲ロマンの森 ②) | トップページ | ≪フォト俳句(152)≫7/7 紫陽花① (二見菖蒲ロマンの森 ④) »