« ≪フォト俳句(165)≫8/15 花芙蓉 | トップページ | ≪フォト俳句(167)≫8/25 百日紅(さるすべり) »

2005年8月20日 (土)

≪フォト俳句(166)≫8/20 睡蓮 (金剛證寺)

a
 伊勢神宮の内宮から朝熊山(あさまやま)山頂を越えて鳥羽に至る観光道路、伊勢志摩スカイラインがある。
 伊勢湾や志摩の海を見下ろしながら走る事の出来るこの道路はスカイラインの名に恥じない。
 頂上の展望台も見所だが、頂上近くに建つ名刹 金剛證寺もお奨めのスポットである。
 伊勢神宮の鬼門を守る寺として建立されたものだが、「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭の一節に唄われているのは この金剛證寺の事である。
 草創は欽明天皇の時代と言われるから、6世紀の事になる。平安時代には弘法大師(空海)によって堂宇が建立され、密教修業の大道場として隆盛を極め現在に至っている。

 この16日に訪れた時 境内の池面を「睡蓮」が覆いつくしていた。昨年も記事にしたが(参照)、まだ6月であったのでこれほど繁茂はしていなかった。睡蓮の花期は随分と長いようである。
 睡蓮は蓮とよく似ているけれど科の違う花である。蓮は葉や花が水面から立ち上がるが、睡蓮は葉も花も水面に浮かんだままだ。

    睡蓮のよき隔りの花の数   清崎敏郎
 
 夕方に花を閉じる事から「睡蓮」の名がついたが、午後2時頃(未の刻)に花が開くので「未草」とも呼ばれる。
 撮影したのは午後1時頃だが、花の状態は全開、半開と様々だった。 


     睡蓮の花の目覚めの遅速かな  暢一  


sh0415-1 sh0416-2 sh0414-3
sh0401-4 sh0408-5 sh0402-6
sh0411-7 sh0405-8 sh0404-9

|
|

« ≪フォト俳句(165)≫8/15 花芙蓉 | トップページ | ≪フォト俳句(167)≫8/25 百日紅(さるすべり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/5525186

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(166)≫8/20 睡蓮 (金剛證寺):

« ≪フォト俳句(165)≫8/15 花芙蓉 | トップページ | ≪フォト俳句(167)≫8/25 百日紅(さるすべり) »