« ≪フォト俳句(161)≫8/3 ②時計草 (旧宇治山田郵便局分局) | トップページ | ≪フォト俳句(163)≫8/9 ② 菱の花 (外宮神苑・勾玉池) »

2005年8月 6日 (土)

≪フォト俳句(162)≫8/6 ① 菱 (外宮神苑・勾玉池)

sh0174-a
 久し振りに早朝散策をして外宮神苑の勾玉池へ寄った。
 今の時期 勾玉池に咲く花は夾竹桃と百日紅だが、何故か盛りにはまだ程遠い感がある。町中のそれらは結構咲いているのにである。
 勾玉池の水面を水生の植物がぎっしりと覆っている。
 「菱(ヒシ)」である。1年生の浮葉植物だが、池の底から茎を伸ばし水面で放射状に三角形の葉を広げる。
 全国どこでも湖沼などで普通に見られ、夏からごく小さな白花を咲かせる。
 秋につける実は黒色の菱型で両端に鋭い刺がある。この事を「緊(ひし)」と云うらしい。「菱」は本来「緊」の字を使うのが正しいと指摘している図鑑もあった。
 「鬼緊」と云う種類では刺が4本あり、忍者の使う鉄ビシとそっくりだ。また実は昔から食用・薬用でもある。

 「菱」関係の季語として
 <夏> 菱、菱の花
 <秋> 菱の実、菱の実取る、菱取、菱(取)船、茹菱 、菱紅葉、菱喰(菱の実を好む雁の一種)等がある。

   菱の花ありと言はれて気づきたり   右城暮石

 上句のように菱の花は余りにも小さ過ぎてよく見なければ気付かない。右下の写真に僅かに写っている。
 中下の写真に小さく花のように点々と見えるのは「浮き草」の葉である。数mmの葉の小さな浮葉植物だが、これも湖沼で一般的に見られる。
 次回題材の予定にしている。


      菱ぎつしり勾玉池の夏更くる  暢一


sh0170-1 sh0169-2 sh0434-3
sh0173-4 sh0171-5 sh0097-6

 

|
|

« ≪フォト俳句(161)≫8/3 ②時計草 (旧宇治山田郵便局分局) | トップページ | ≪フォト俳句(163)≫8/9 ② 菱の花 (外宮神苑・勾玉池) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/5298303

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(162)≫8/6 ① 菱 (外宮神苑・勾玉池):

« ≪フォト俳句(161)≫8/3 ②時計草 (旧宇治山田郵便局分局) | トップページ | ≪フォト俳句(163)≫8/9 ② 菱の花 (外宮神苑・勾玉池) »