« ≪フォト俳句(175)≫10/5 ④茶の花・曼珠沙華(伊勢市郊外度会町) | トップページ | ≪フォト俳句(177)≫10/15 ⑥曼珠沙華(日本平・美保の松原) »

2005年10月10日 (月)

≪フォト俳句(176)≫10/10 ⑤曼珠沙華(宮川堤)

sh0448-a
 「曼珠沙華」も勾玉池、伊勢郊外田園と掲載してきたが、今回は宮川堤に咲く曼珠沙華である。
 「宮川」は日本有数の多雨地帯である大台山系を源流とし、大内山川などの支流と合流して伊勢湾に注いでいる。伊勢市の水道は宮川を水源としているお蔭で渇水騒ぎを知らない。
 
 伊勢市西方はこの宮川で町並みが途切れ、川向こうは田園風景に一変する。
 河川敷は公園に整備されていて、朝などは散策・ジョギングの人々の姿が見られ、勾玉池に次いで気に入りの早朝散歩コースだ。
 <№129><№130>にて記事にしたが堤は県内有数の桜の名所でもある。

 堤の草花も秋深き様相を見せ始めた。写真下の左は「エノコログサ」、「犬ころ草」と書く。「ねこじゃらし」の通称で呼ぶほうが一般的だが、犬と猫とどちらも一番身近な動物に例えているところが面白い。
 写真下の中は「露草」。秋の季語だが早い所では6月頃から見られる。
 写真下の左の野菊は恐らく「野紺菊」であろう。同じ時期によく似た「紫苑」「嫁菜」が咲くが、咲き姿や葉等から判断した。

   咲いてより広き空享く曼珠沙華  能村登四郎
        
 やはり宮川堤でも一番目立つのはそこここに咲く曼珠沙華だ。蕾を持つのも見られた。まだ暫くは楽しめそうである。

      曼珠沙華咲き一天の紺深む  暢一

sh01258-1 sh0447-2 sh0449-3
sh0451-4 sh0427-5 sh0395-6
sh0036-7 sh0026-8 sh0034-9

 

|
|

« ≪フォト俳句(175)≫10/5 ④茶の花・曼珠沙華(伊勢市郊外度会町) | トップページ | ≪フォト俳句(177)≫10/15 ⑥曼珠沙華(日本平・美保の松原) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/6325865

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(176)≫10/10 ⑤曼珠沙華(宮川堤):

« ≪フォト俳句(175)≫10/5 ④茶の花・曼珠沙華(伊勢市郊外度会町) | トップページ | ≪フォト俳句(177)≫10/15 ⑥曼珠沙華(日本平・美保の松原) »