« ≪フォト俳句(179)≫10/25 筋向橋(伊勢市内) | トップページ | ≪フォト俳句(181)≫11/10 ②祖霊社(伊勢市内) »

2005年10月31日 (月)

≪フォト俳句(180)≫10/31 ①薄紅葉・祖霊社(伊勢市内)

sh0012-a
 この22日、伊勢神宮の外宮近くにある「祖霊社」での伯母五十日祭に参列した。
 神式の葬儀の経験の無い方々には分かり難いと思うが、仏式で言えば四十九日の法要に当る。
 神式にて執り行う葬儀は「神葬祭」と言って伊勢市民には馴染みの言葉である。 
 
 仏事に当るものとしては帰幽日より一年の間に行う「式日祭」とその後の「年祭」の祭典がある。
 「式日祭」は 翌日祭、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、百日祭と執り行う。
 「年祭」は 一年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、そして五十年祭にて一区切りとなる。
 但し親族友人等も祖霊社に参列して行うのは五十日祭と年式である。

 葬儀は「斎殿」から「祖霊殿」へと二つの祭儀場の建物を使い、神官の奏する雅楽の音の元に行われるが仔細は次回に譲りたい。
 その斎殿の傍らでは楓が色づき初めていて印象的であった。

    よべの雨閾ぬらしぬ霊祭   芝不器男

 掲句の「霊祭(たままつり)」は祖先の霊を祭る意味にて一般的にはお盆の行事を言う。秋の季語である。
 尚「閾」はこの句では「しきい」と読む。「敷居」と同義語」だ。

     斎場の篳篥かすれ薄紅葉  暢一

                           〔篳篥(ひちりき)〕

  sh0004-1 sh0006-2
              斎殿
       sh0448-3 sh0451-4
                   祖霊殿
sh0010-5 sh0011-6
            納骨殿

|
|

« ≪フォト俳句(179)≫10/25 筋向橋(伊勢市内) | トップページ | ≪フォト俳句(181)≫11/10 ②祖霊社(伊勢市内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/6768221

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(180)≫10/31 ①薄紅葉・祖霊社(伊勢市内):

« ≪フォト俳句(179)≫10/25 筋向橋(伊勢市内) | トップページ | ≪フォト俳句(181)≫11/10 ②祖霊社(伊勢市内) »