« ≪フォト俳句(183)≫11/20 朝市(伊勢市内) | トップページ | ≪フォト俳句(185)≫11/30 ①桜紅葉・船津屋(桑名市) »

2005年11月25日 (金)

≪フォト俳句(184)≫11/25 小菊

sh0192-a
 この時期 町中を歩いていると、そこここの花壇や住宅前のプランターに咲く小菊がよく目につく。
 出会う度に撮り溜めてきたが、結構種類も多いようである。

 昨年も(№88)にて取り上げた事があるが、今年の方が多くの種類に出会う事が出来た。

     湯の山の村村おなじ小菊かな   泉鏡花  

 上掲句の作者 泉鏡花は三重県桑名市の「船津屋」に逗留した折の事をモチーフにして 小説「歌行燈」を書いている事から推し量れば、「湯の山」は恐らく桑名から近い御在所岳山麓の温泉郷「湯の山」の事であろう。

     冬小菊路地の向かふの海の色  暢一

sh0039-1 sh0188-2 sh0096-3
sh0040-4 sh0068-5 sh0190-6
sh0098-7 sh0043-8 sh0191-9
sh0044-10 sh0085-11 sh0088-12

|
|

« ≪フォト俳句(183)≫11/20 朝市(伊勢市内) | トップページ | ≪フォト俳句(185)≫11/30 ①桜紅葉・船津屋(桑名市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/7296550

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(184)≫11/25 小菊:

« ≪フォト俳句(183)≫11/20 朝市(伊勢市内) | トップページ | ≪フォト俳句(185)≫11/30 ①桜紅葉・船津屋(桑名市) »