« ≪フォト俳句(188)≫12/8 ④紅葉・木曾三川公園(岐阜県海津市) | トップページ | ≪フォト俳句(190)≫12/15 ①銀杏黄葉(皇居・増上寺) »

2005年12月10日 (土)

≪フォト俳句(189)≫12/10 ⑤輪中農家・木曾三川公園(岐阜県海津市)

sh0241-a
 前回記事より引き続いてである。
 「治水神社」「木曾三川公園」は桑名市の北に隣接してはいるが住所は海津市である。海津市と言えば岐阜県だから三重県と岐阜県の県境近くに位置する訳だ。
 この辺りは揖斐・長良・木曾の三川に挟まれた水郷地区にて、「輪中」と呼ばれる川よりも低地の農村地帯として地理学的には有名な所である。

 「輪中」は辞書に下記のように載っている。
 『洪水から集落や耕地を守るため、周囲に堤防を巡らした低湿地域または共同村落組織。江戸時代につくられたものが多く、木曾・長良(ながら)・揖斐(いび)の三河川の合流地域につくられたものが有名』

    堤焼く焔の手結びて美濃輪中  加倉井秋を

                          【堤焼く(早春の季語)】

 公園の一角では水害の多かった「輪中」ならではの工夫が見られる昔の農家を見学する事が出来る。
 家屋は水害から守るために高台を築いた上に建つが、その高台の側面が菊で飾られていた。
 陽射し溢れる縁側、豪華な仏間、厨の竈や五右衛門風呂等が郷愁を誘う。
 5回にわたって記事を続けたが、桑名の名所と木曾三川の雄大な景を堪能した旅行であった。

      枯芦や三川寄りて音のなき  暢一

sh0224-1 sh0236-2 sh0239-3
 ↑ 真ん中の玄関の写真は分かり辛いであろうが、軒に逆さに
保管されている避難用の小舟。棹も付いている。
 右は高台にある宅地から更に高く石垣を築いて建てられた蔵。

sh0238-4 sh0226-5 sh0227-6
sh0229-7 sh0230-8 sh0231-9

|
|

« ≪フォト俳句(188)≫12/8 ④紅葉・木曾三川公園(岐阜県海津市) | トップページ | ≪フォト俳句(190)≫12/15 ①銀杏黄葉(皇居・増上寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/7541899

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(189)≫12/10 ⑤輪中農家・木曾三川公園(岐阜県海津市):

« ≪フォト俳句(188)≫12/8 ④紅葉・木曾三川公園(岐阜県海津市) | トップページ | ≪フォト俳句(190)≫12/15 ①銀杏黄葉(皇居・増上寺) »