« ≪フォト俳句(194)≫12/25 イルミネーション(名古屋駅) | トップページ | ≪フォト俳句(196)≫1/5 ②除夜篝(伊勢神宮外宮) »

2005年12月31日 (土)

≪フォト俳句(195)≫12/31 ①除夜篝(伊勢神宮外宮)

IMG_0294
 昨日久し振りに外宮勾玉池まで早朝散歩をした。
 仕事その他多忙な事と、例年になく寒気厳しい事もあって12月の早朝散歩は最初で最後になってしまった。
 勾玉池は枯色の目立つ冬のこの時期であっても、何故か朝日の輝きを顕著に感じる。四方の杜の中にぽっかりと広がる池の面に因るのであろうか。
 その池の面を見る楽しみは鴨の群。しかし今年は例年になく ゆり鴎 が鴨の平安を乱していたが、この話題・写真は後日に譲る事にする。

 外宮の正面と裏参道の北御門前の広場の2ヶ所で既に地篝の大きな薪が高々と積み上げられて除夜詣の準備が整っていた。
 誰が置いたのか除夜篝火で焼こうと一年間門を飾った注連飾りが薪の上にあったが、本来は1月15日の どんど で焼くはずのものである。
 (伊勢は注連飾りを厄除けとして一年を通じて門に飾っておく風習があるが、この話題は新年に取り上げたいと思っている)


  みそか月なし千とせの杉を抱あらし  松尾芭蕉


 掲句は「野ざらし紀行」所収にて芭蕉が外宮を訪れた折の句である。
 『腰間に寸鐵をおびず。襟に一嚢をかけて、手に十八の珠を携ふ。僧に似て有。俗にゝて髪なし。我僧にあらずといへども、浮屠の属にたぐへて、神前に入事をゆるさず。
 暮て外宮に詣侍りけるに、一ノ華表の陰ほのくらく、御燈處ゝに見えて、また上もなき峯の松風、身にしむ計、ふかき心を起して』 の文に続いて詠まれている。


      神宮の薪積み上げて年用意  暢一


IMG_0302 IMG_0297 IMG_0300
 IMG_0295 IMG_0292 IMG_0293
                <画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(194)≫12/25 イルミネーション(名古屋駅) | トップページ | ≪フォト俳句(196)≫1/5 ②除夜篝(伊勢神宮外宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/7913276

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(195)≫12/31 ①除夜篝(伊勢神宮外宮):

« ≪フォト俳句(194)≫12/25 イルミネーション(名古屋駅) | トップページ | ≪フォト俳句(196)≫1/5 ②除夜篝(伊勢神宮外宮) »