« ≪フォト俳句(198)≫1/15 ④初詣(近鉄宇治山田駅・伊勢神宮) | トップページ | ≪フォト俳句(200)≫1/25 ⑥美杉村 »

2006年1月20日 (金)

≪フォト俳句(199)≫1/20 ⑤初詣(美杉村・北畠神社)

a-IMG_0524
 正月の3日にドライブを兼ねて三重県美杉村の「北畠神社」に初詣をした。
 美杉村は南北に長い三重県の中間辺り、奈良県境近くの山深い奥伊勢に位置するが、この1月1日に津市に併合されて村名としては消滅した。 三重県でも国が推進した市町村合併により村が全て無くなってしまったらしい。
 
 山深い土地とは言え、14世紀後半より16世紀後半に織田信長に滅ぼされるまで南伊勢を支配した北畠氏の拠点との歴史があり、北畠氏の本城跡や館跡など見所のある旧跡も多い。
 以前伊勢市郊外の「田丸城」を記事にしたが、この城も北畠氏の居城であり南北朝動乱の折に南朝方として後醍醐天皇を吉野に迎えようとしたのが、そもそも北畠氏が京から伊勢に下って来た理由である事にも触れた。
 
 初詣に訪れた「北畠神社」はその館跡に建ち、寛永20年(1643)に北畠氏の一族とも家臣とも言われる鈴木孫兵衛家次が、旧縁のこの地に祖霊を慰めるべく小祠を建てたのが始まりとされる。

   山道の掃いてありたる初詣    富安風生
   
 写真三段目の庭園は北畠氏館の庭園が当時の姿のまま遺されたものである。 
 名石を配した武将好みの名園として知られている。
 また神社内では城館として日本最古の石垣を見る事が出来る。

 本殿正面に掲げられている天狗の面を珍しく思ったが、謂れは不明である。


        山里の社殿紅きに初詣  暢一


1-IMG_0547 2-IMG_0545 3-IMG_0548
 4-IMG_0544 5-IMG_0542 6-IMG_0543
7-IMG_0532 8-IMG_0530 9-IMG_0525
 10-IMG_0523 11-IMG_0519 12-IMG_0539
                <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(198)≫1/15 ④初詣(近鉄宇治山田駅・伊勢神宮) | トップページ | ≪フォト俳句(200)≫1/25 ⑥美杉村 »

コメント

  山里の社殿紅きに初詣

写真を大きくしてみると、ほんとうに
あかいですね。
 紅き社殿に
でなく
 社殿紅きに
が作者の意思と見ました。

投稿: ゆう | 2006年1月26日 (木) 06:53

 ゆうさん ご訪問頂き有り難うございます。
 倒置して紅と韻文調を強調してみました。

投稿: のぶ | 2006年1月26日 (木) 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/8233796

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(199)≫1/20 ⑤初詣(美杉村・北畠神社):

« ≪フォト俳句(198)≫1/15 ④初詣(近鉄宇治山田駅・伊勢神宮) | トップページ | ≪フォト俳句(200)≫1/25 ⑥美杉村 »