« ≪フォト俳句(200)≫1/25 ⑥美杉村 | トップページ | ≪フォト俳句(202)≫2/5 ⑧注連飾(伊勢市内) »

2006年1月31日 (火)

≪フォト俳句(201)≫1/31 ⑦道の駅「茶倉」(飯南町)

a-IMG_0499
 前回よりの続きであるが、紀伊半島も奥に辿る美杉村迄の山深き国道368号線の道々の景は実に楽しい。
 伊勢市在住の私は車で十数分も宮川沿いを遡れば山里に出るが、しかし遥か遠くに高山の嶺々を幾重にも望むものゝそこはまだ伊勢平野の端の山並み低き穏やかな景である。
 その山々嶺々を越えて奥伊勢の美杉村へ走る国道368号線の途中にも「道の駅」が設けられており、一つに「茶倉駅」がある。
 飯南郡飯南町に位置するが、飯南は茶所として知られている土地である。
 昨年10/5の(№175)記事にても述べたように、三重県は全国屈指の茶生産地でもあるのだ。

 その道の駅「茶倉」に立ち寄った。山深き中に広がる小盆地を高みから望む景色はどこかしら郷愁を誘い心癒されるものがあった。

       山里は万歳遅し梅の花   松尾芭蕉   

 正月3日とてここにも門松の立つ入り口を入ると正面に掲げられた額縁が目に付いた。
 道の駅の登録証である。
 『登録証…茶倉駅…登録第24008号…上は平成5年2月23日付け道路局長通達による「道の駅」の登録を受けたことを証する…建設省道路局長 佐藤信彦<印>…平成10年4月17日』とある。
 国の音頭とりで全国の国道に生まれた「道の駅」を設けるのには、恐らく建設省(現在は国土交通省)から多額の補助金が支出されているのであろう。

       山里の小川光れる今朝の春  暢一


1-IMG_0502 2-IMG_0487 3-IMG_0554

4-IMG_0500 5-IMG_0494 9-IMG_0490
       7-IMG_0493 8-IMG_0492 6-IMG_0496
               <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(200)≫1/25 ⑥美杉村 | トップページ | ≪フォト俳句(202)≫2/5 ⑧注連飾(伊勢市内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/8428934

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(201)≫1/31 ⑦道の駅「茶倉」(飯南町):

« ≪フォト俳句(200)≫1/25 ⑥美杉村 | トップページ | ≪フォト俳句(202)≫2/5 ⑧注連飾(伊勢市内) »