« ≪フォト俳句(205)≫2/20 ③ 寄生木 (外宮神苑) | トップページ | ≪フォト俳句(207)≫3/1 アロエの花 (伊勢市内) »

2006年2月25日 (土)

≪フォト俳句(206)≫2/25 商店街の犬(伊勢市内)

a-IMG_0637 時折題材に取り上げているが、近所に商店街がある。 
 伊勢市内の各商店街もご他聞に漏れず郊外の大型店に押されて衰退ぎみであるが、この商店街は大賑わいと迄いかないものゝ市内では唯一健闘している。 小さなショッピングセンターを中心として食料品や雑貨など最寄品を商う店を主とした昔ながらの雰囲気を持つ商店街だ。

 いつ頃からとは定かに覚えていないが、随分以前からこの商店街に犬が放されていて悠然と歩いたり寝そべったりしている時が頻繁にある。
 犬の事は詳しくないけれど ゴールデン・レトリバーだろう。 大型犬なので初めて遭遇する人や犬嫌いの人は怖がるが、慣れている人は幼い子供達でも抱きついて遊んだりして平気だ。
 犬の図鑑を見てみると 「性格は明るくておだやかで、辛抱強いため子供たちでも扱いやすい」 と載っていて頷ける。

 商店街に馴染みの通行人には人気もあり楽しい光景ではあるが、法律的な事や万一の事を思うと少し心配だ。

 
     土手を外れ枯野の犬となりゆけり   山口誓子

     
 犬を詠んだ句では山口誓子の掲句が最も有名であろう。 昭和20年44歳の時の作である。
 山口誓子は肋膜炎の療養の為に昭和16年から28年迄の12年間三重県の四日市市や鈴鹿市に居住した。その折の事だろうと思うが鈴鹿工業高等専門学校の校歌の作詞をしている。
 掲句の他に

        つきぬけて天上の紺曼珠沙華
        海に出て木枯帰るところなし
        炎天の遠き帆やわが心の帆
        万緑やわが掌に釘の痕もなし

等の俳句に親しむ人なら誰でも知っている名句の多くがこの地で詠まれている。 誓子はまた毎年の伊勢神宮初詣を欠かした事がなかった。伊勢神宮内宮前のおかげ横丁に誓子記念館が また赤福本店に句碑が建つ。 私にとって身近な存在の俳人である。

 
      春雨や犬が寝そべる花舗の土間  暢一

 
   1-sh0392 2-sh0388 3-sh0390
   6-sh0270 5-sh0267 6-sh0266
                 <見出し写真のみ拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(205)≫2/20 ③ 寄生木 (外宮神苑) | トップページ | ≪フォト俳句(207)≫3/1 アロエの花 (伊勢市内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/8801930

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(206)≫2/25 商店街の犬(伊勢市内):

» カエルさんと???の芽 第四話 [BLOG絵本]
このお話は水たまりに住む一匹の寝ぼすけガエルと???の芽との ちょっと心和むお話です。 第四話 お願いごと  澄み切った夜空に燦々と無数の星々が輝いています。 カエルさんと芽さんはそのきれいな星空にたそがれているようです。 「きれいだなぁ~。おいらこ... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 03:44

« ≪フォト俳句(205)≫2/20 ③ 寄生木 (外宮神苑) | トップページ | ≪フォト俳句(207)≫3/1 アロエの花 (伊勢市内) »