« ≪フォト俳句(219)≫4/25 ②春嵐 (中部国際空港行)  | トップページ | ≪フォト俳句(221)≫5/3 花水木 (伊勢市内) »

2006年4月30日 (日)

≪フォト俳句(220)≫4/30 ③春嵐翌日 (中部国際空港行) 

Img_0743
 前回記事 春嵐の翌日4月12日はどんよりとした曇り空のもとに明けた。 ホテルの窓から見上げる早暁のタワービルも重苦しい。
 テレビのニュースでは出立できなかった250名程が春嵐の中部国際空港に夜を明かしたと報じている。
 思わぬ事にて成田空港へ着陸してしまった彼女は、航空会社手配のホテル迄 バスにて1時間以上走ったらしい。 首都高速も通ったと言っていたから航空会社も緊急のホテル手配に苦労したようだ。
Img_0744
 成田空港を9時出立の予定らしいから、中部国際空港には10時頃着くだろう。 時間的に十分余裕があるものゝ落ち着かない。
 無料の朝食サービスがあると云うので6時半頃にホテル一階の喫茶ルームに降りた。
 ほゞ満室のはずだが喫茶ルームはガランとしている。 まだ時間が早い為だろう。 
 窓からはホームに止まっている新幹線が望める。
  
  Img_0746 Img_0748

 朝食を済ませて高架沿いに名古屋駅に行く。 駅前広場は平日にも拘らず早くも団体と思しき人々で混雑していた。
 名古屋鉄道のホームへ広場を抜けようとしてJRの空港行バス乗り場が目に止まった。 これは都合が良いとすぐ近くの切符売り場で出発時刻を尋ねると7時20分との事。 所要時間70分。 運賃千円也。

                  Img_0750 Img_0751

Img_0752
 バスは高速道路の都市部を抜けると知多半島まで田園地帯を走る。 所々に桜も望める車窓風景は楽しかった。 川沿いの桜が町中をくねくねと延びている景を高速道路の高みから望む事が出来たのも印象深い。
 70分の所用時間の予定が50分で空港に着いてしまった。 時刻はまだ8時10分だ。 該当飛行機の到着時刻欄にはやはり10時と表示されている。 手続きを済ませて乗客がゲートから出てくるのにはそれから20分位は掛かるだろう。 2時間以上を待たねばならないが、待つ事にはもう慣れてしまった。
Img_0754
 待ち時間の間にスカイデッキに出てみたりショッピングモールを覗いたりと時間つぶしをした後、伊勢迄の帰路を調べる為にアクセスフロアーに行ってみる。 バスか名鉄で名古屋迄行き、近鉄特急に乗り換えて伊勢へと考えていた。 いずれにしろ所用3時間、運賃は4千円近くは掛かる。 
 しかし前々回(№218)で題材とした空港と津を結ぶ高速船を利用すれば遥かに速く安価に帰る事が出来る。 予約していないから無理だろうと思いつつも、念の為に船着場に行って事務所で尋ねると今日は全ての便に空席ありとの事。 どうも空港から津への逆コースは比較的空いているようだ。 これで2時間も掛けずに帰る事が出来る。 運賃も伊勢まで計2,830円で済む。

Img_0756
 安堵して到着ゲートに戻る。 いつしか10時が近い。 そこへ航空会社の社員と思しき人が携帯スピーカーで何かを告げている。 耳をすますと待ち侘びている到着時刻が11時に変更になったとの事。 やれやれであるが、仕方がない。 結局彼女がゲートに姿を見せたのは11時40分だった。 12時発の高速船に乗る為に挨拶もそこそこに彼女と船着場へ急ぐ。 かなりの距離があるのだ。

 船で伊勢湾を横断するのは初めてである。 空港島を沖合いから望むのは独特の景観だ。 飛魚だろうか、魚が次々と飛び跳ねていくのが見える。 多少荒れの見える海原での高速にも拘らず思った程は揺れず快適だ。

       海の東風見え得ぬものを鳴らしけり   加倉井秋を
 
 津から伊勢までのJR快速みえ号の車窓を所々桜が過ぎり、疲れきっている二人を慰めてくれた。

   微睡みつ覚めつ車窓の桜かな  暢一       <微睡(マドロ)み>

  Img_0643 Img_0644
                     <全写真拡大可>  

|
|

« ≪フォト俳句(219)≫4/25 ②春嵐 (中部国際空港行)  | トップページ | ≪フォト俳句(221)≫5/3 花水木 (伊勢市内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/9816145

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(220)≫4/30 ③春嵐翌日 (中部国際空港行) :

« ≪フォト俳句(219)≫4/25 ②春嵐 (中部国際空港行)  | トップページ | ≪フォト俳句(221)≫5/3 花水木 (伊勢市内) »