« ≪フォト俳句(230)≫6/5 ③ 勾玉池一巡り (外宮神苑) | トップページ | ≪フォト俳句(232)≫6/15 ⑤ 神馬・お木曳 (外宮神苑 他) »

2006年6月10日 (土)

≪フォト俳句(231)≫6/10 ④ 藤の花 他 (外宮神苑)

1img_2064 前回記事の続き、5月22日の事である。
 藤や池畔の景を存分に楽しみ、駐車場に咲く藤も見てみようと勾玉池を後にして、正面参道前を横切り、裏参道である北御門までの小径を辿っていると細長くもじゃもじゃとした感じの白い花を咲かせている樹が目についた。
 
20img_1555 19tokiwamannsakuimg_1548 満作の花に似ていると思いつゝ帰宅後調べてみると常葉満作だった。
 №227 の朝田寺の記事の冒頭にてご紹介した紅花常葉満作の白花種だ。 偶然にも初体験の常葉満作の紅花、白花を相次いで見る事が出来た。 今迄は早春 枯枝に咲く満作しか知らなかったので常緑にて5月に咲く満作もある事を初めて認識した。 
 宜しければ下記をクリックして朝田寺の記事をご参照の程。
              ↓
 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢(227)

2img_1458 北御門に出て更にその前を通り過ぎ外宮神苑西端の駐車場に出る。
 駐車場を囲む樹々の様々な若葉の色彩も晩春初夏独特の景にて趣が深い。

     新緑が新緑を染め人を染め   星野 椿


10img_1499 9img_1443 新樹の中でも一際目を引くのが銀杏の鮮やかな若緑色だ。 
 かなりの古木であろうか。 近くに寄って見上げてみると幹、梢の様に迫力がある。
 足元に目をやると 白っぽい物が一面に散り敷いている。 小さな花のようだ。
 銀杏の葉をよく見てみるとその小さな花が観察出来る。 本当に近々とよく見ないと分からない。

              神宮の午後深閑と花銀杏  暢一
 

11img_1504 12img_1501
           14img_1493 13img_1497


15img_1517
 次に気になった樹が駐車場の中にぽつんと聳えている。
 左画像のように新芽が根元からにょきにょきと生え、少し育ったものには花目か実か分からない茶色をした物がたわわである。
 樹を見上げてみると葉は(モミ)のようだが、樹木に無知な私には判別出来なかった。

                     .

     16img_1512 18img_1510 17momiimg_1509


4img_1903

 と云った具合に右顧左眄しつゝ駐車場の一番西の端に行く。
 ここにお目当ての藤が咲いているのだ。
 右画像の如く藤蔓は他の樹に絡み付いていて、山藤の風情を感じる。
 しかし思った程の咲き振りではなく少し落胆した。
 
 この駐車場を更に奥へ行くと神馬休憩所の馬場と御遷宮用材の貯木池があるが、序でなので次回の題材としたい。

3img_1478 5img_1916
          6img_1449 7img_1909

            外宮神苑の地図を添えてみる。 参照しつゝご覧頂きたい。

                      2gekuutizu_1

                         <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(230)≫6/5 ③ 勾玉池一巡り (外宮神苑) | トップページ | ≪フォト俳句(232)≫6/15 ⑤ 神馬・お木曳 (外宮神苑 他) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/10452629

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(231)≫6/10 ④ 藤の花 他 (外宮神苑):

« ≪フォト俳句(230)≫6/5 ③ 勾玉池一巡り (外宮神苑) | トップページ | ≪フォト俳句(232)≫6/15 ⑤ 神馬・お木曳 (外宮神苑 他) »