« ≪フォト俳句(234)≫6/25 ② 花菖蒲 (外宮神苑・勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(236)≫7/5 ④ てこね寿司 (内宮前 おはらい町) »

2006年6月30日 (金)

≪フォト俳句(235)≫6/30 ③ 花菖蒲 (勾玉池・外宮神苑)

Img_4421 わが俳句結社、東海支部の伊勢志摩吟行会記の3回目だが、肝心の句吟そっちのけで勾玉池の花菖蒲を一つ一つアップで折角撮ったので今回はそれをご覧頂きたい。

 花菖蒲の品種は5000程もあるらしい。
 品種は大まかに云うと改良されてきた地域の名をとって、伊勢系、江戸系、肥後系というように分けられている。
 伊勢地方では江戸時代より花の栽培が盛んにて、花菖蒲は伊勢菊、伊勢撫子とならんで、のちに伊勢三品と言われるようになった内の一つだ。 いずれも花弁が下垂するという、この地方独特の好みで特徴づけられてると云う。

2img_3585 14img_4434
          12iseimg_4438 4iseimg_3619

 不確かながら上画像4枚の花菖蒲は伊勢系だと思われるが、
 「伊勢系は花弁が垂れた三英咲きが基本で、雄しべの先にトサカ状の切れ込み(くも手といわれる)が見られるのが特徴。 草丈は3系統中最も低く、葉と花茎の高さはほぼ同じである。 男性的な肥後系に対して、花は優美で女性的な感じを受けるものが多く見られる」
播州山崎花菖蒲園のHPに載っていた。
 下の画像にも伊勢系が多いのかも知れないが、私に細かいところまでは判らない。

          はなびらの垂れてけだるげ菖蒲園   鷹羽狩行

 鷹羽狩行の掲句は「俳誌のサロン」歳時記でこの6月の項に収録されていた句。
 序でなので私の下記の句も同収録句から引いた。


             勾玉のかたちの池の花菖蒲  暢一        


1img_3629 3img_3586
          5img_4437 6img_3577
7img_3645 8img_3608
          9img_3618 10img_3600
11img_3601 13img_3602
          15img_3614 16img_3609
                      <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(234)≫6/25 ② 花菖蒲 (外宮神苑・勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(236)≫7/5 ④ てこね寿司 (内宮前 おはらい町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/10724285

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(235)≫6/30 ③ 花菖蒲 (勾玉池・外宮神苑):

« ≪フォト俳句(234)≫6/25 ② 花菖蒲 (外宮神苑・勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(236)≫7/5 ④ てこね寿司 (内宮前 おはらい町) »