« ≪フォト俳句(229)≫6/3 ② 楓の実 (外宮神苑 勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(231)≫6/10 ④ 藤の花 他 (外宮神苑) »

2006年6月 5日 (月)

≪フォト俳句(230)≫6/5 ③ 勾玉池一巡り (外宮神苑)

1img_2527 前回記事の続きである。
 楓の樹からほんの少し池畔を辿ると東屋がある事は前回でも触れた。
 少し池に迫り出している東屋から広い池面の向こうに朱の舞台を望む景観は誠に佳いものだ。
 
 右手の池畔を見るとの葉が若緑色に茂りだし、5月6日には全く見られなかったが22日の池面に広がり始めて、初夏の景も定まった感じである。

             行春や水草のみなる池の面    水原秋櫻子


Img_3186 2img_3192
          4img_2587 5img_2557

 
 今回はこの東屋から更に勾玉池を一巡りして行く景をご紹介してみたいと思う。
 
 東屋の辺りから池畔は大きくカーブするが、そこから先は小径に樹々の梢が覆いかぶさり少し薄暗くなる。
 梢のトンネルの入り口になんじゃもんじゃ(一葉たご)が今の時期 真っ白い花を咲かせるのも楽しみの一つだ。 しかし22日のなんじゃもんじゃは既に若葉が出ていて花も多くが散ってしまっていた。 下の画像3枚がなんじゃもんじゃの花を撮ったものだが、曇り空もあって分かり難い。
 去年は満開の様子を №136 にて取り上げたが5月18日頃に撮影していた。 

6img_2583 7img_2568 8img_2570


Img_1288
 梢で薄暗い小径を進むと池との間に熊笹が独特の雰囲気をつくっている。 熊笹の名は熊と関係なく、葉が白く隈取りされている事から付いたものである。
 右の熊笹の画像だけは3月に撮ったものだが、葉の隈取が実に鮮やかだ。
 これから先の勾玉池は勾玉の形の尾の部分に当たる訳にて浮舞台や東屋のある広々とした景の珠の部分とは一変して狭い奥池の景を見せる。 
 
 下の左端画像の熊笹越しに見える建物は茜神社の社務所である。
 その茜神社参道口の手前まで曲りこんで池の奥が尽きる。 
 右端の画像がその尽きる所であるが、そこまでの景の画像を順に並べてみた。

9img_2589 11img_2598
          Img_2599 12img_2600


 茜神社は勾玉池に半島のように突き出た形で敷地がある訳だが、散策道はその半島の根元を茜神社の杜沿いに横切っていく。 
 社殿の裏側の屋根が樹々の合間に垣間見えるが、下の左端画像は茜社の物ではなく、同じ境内に建つ豊川茜稲荷神社の屋根である。 少し杜に踏み込むと別に茜社の社殿裏が見える。 左から2枚目の画像がそれだ。

 杜沿いの径を行くと茜神社のもう一方の参道口に出るが、そこはまた池畔である。

15img_2640 16img_2628
          13img_1602 17img_1598


20img_2641
 ここは楓の樹や東屋のある所の向こう側、東の池畔にあたる。 
 3月に №213 にて桜と紅梅をご紹介した場所でもあり、また違った勾玉池の景を楽しませてくれる。
 左画像の右端 浮舞台との間に三ヶ所 石のベンチが据えられているが、ここが私お気に入りの休息場所であり句作の場でもある。
 22日撮影の菖蒲田にて画像では分からないが黄菖蒲だけがいち早くぽつゝゝと咲いている。 
 前回も触れたように一昨日3日に訪れた時には全面に咲き出していた。
 今回の画像に所々で咲き出した躑躅が写っているが、これから花菖蒲との競演が楽しみである。

18img_1600 19img_1601
          21img_1603 22img_2671


2gekuutizu


 念の為に勾玉池の地図を載せてみた。
 勾玉池はその名の通り勾玉の形に広がっているが、自然に出来たものではない。
 明治15年に外宮の杜の環境護持の為、伊勢市民の有志が全国に浄財を募り池を中心とした神苑が造営整備された。
 池は神宮に因んで古代の装身具である勾玉の形をモチーフにして作られたものなのである。


Img_2674

 池を一巡りして何時ものように石のベンチに腰掛けた。 
 この日は少し汗ばんだので涼しげな緑蔭をつくっている藤棚の下のベンチを選んだ。
 周りにはまだ蒲公英が咲いている。 結構花期の長い花だ。 


   いつものベンチ蒲公英の黄が囲む  暢一


24img_3167

 5月6日に藤の花を撮影した折は藤棚下のベンチで30分ほど憩ったあと、北御門の駐車場広場に藤が山藤の風情にて他の樹に絡まって咲いているのを思い出した。
 まだ仕事を始める迄に時間的余裕があり行ってみる事にして勾玉池を後にした。
 次回はその駐車場の藤その他を題材にして続けたいと思う。          
 
                    <記事中の全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(229)≫6/3 ② 楓の実 (外宮神苑 勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(231)≫6/10 ④ 藤の花 他 (外宮神苑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/10388908

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(230)≫6/5 ③ 勾玉池一巡り (外宮神苑):

« ≪フォト俳句(229)≫6/3 ② 楓の実 (外宮神苑 勾玉池) | トップページ | ≪フォト俳句(231)≫6/10 ④ 藤の花 他 (外宮神苑) »