« ≪フォト俳句(240)≫7/25 ⑧ 御座 潮仏 (志摩市) | トップページ | ≪フォト俳句(242)≫8/5 ⑩ 愛洲の里 1(南勢町五ヶ所) »

2006年7月31日 (月)

≪フォト俳句(241)≫7/31 ⑨ 浜島漁港 (志摩市)

Img_4009

 伊勢志摩吟行会記も9回目となったが、もう暫くお付合い頂きたい。
 今回の目的地は「浜島漁港」。

2mapimage 御座の潮仏を拝んだ後、旅館に戻り 御座の見所をご案内して頂いた旅館のご主人はじめ皆さんにお礼を申し上げて、次の目的地である 「浜島漁港」 に向った。

 浜島漁港は英虞湾南岸の西端に位置する御座から湾をぐるっと一周した反対側の北岸西端の岬に位置する。
 前回記事の潮仏の遠景に写っている山々が浜島辺りだ。


4img_4744 3img_4738 浜島町内に入ると所々に巨大な伊勢海老の看板やモニュメントが建っている。
 浜島漁港は伊勢海老水揚げの中心をなす漁港として有名なのだ。 この6月3日に 「伊勢えび祭」 が催されたばかりである。 
 
 漁港にある 「三重県水産技術センター」 では伊勢海老の研究が盛んに行われており、同センターは昭和63年に世界で初めて伊勢海老の人工孵化飼育に成功している。

5img_4742 6img_4741 また熊野灘にも面しており、かっては遠洋漁業の全国に名だたる水揚げ量を誇った時代もあったそうだが、今は衰退してしまった。

 浜島漁港は広い。 長い岬の堤防に沿って小さな漁船が延々と繋留されていた。 堤防に干し並べられた網は中々カラフルにて、漁村らしい光景を演出してくれている。

 堤防から海辺に下りてみると、そこには貝がびっしりと張り付いていた。
 牡蠣だ。 志摩地方は牡蠣の養殖でも全国屈指の規模だが、養殖から零れた牡蠣が繁殖しているのだろうか。 盛んに潮を噴き上げていた。


           岸壁の牡蠣が吐きをる夏の潮  暢一


 ここで皆には自由に行動してもらう事にした。 句帳片手に海を眺める人、漁船や引き揚げ用の機械を珍しそうに覗き込む人、網に触っている人、と思い思いに暫しの時間を楽しんだ。


7img_4745 8img_4748 9img_4747

 漁港を後にして、岬の反対側の海沿いの道を次の目的地に向って走る。
 堤防にはやはり延々と網が干されていた。
 上の画像で英虞湾越しの遠景に見えるのは、出発地の御座だ。

    10img_2924 12img_2928 11img_2927

 少し突き出た小さな岬を過ぎた辺りに来ると熊野灘の外洋が広がる景となる。
 その岬に建つホテル(上画像の左)の見える場所で車を停める。
 会員の何人かが直ぐに気付いた。 17年前、我々の師と主要同人を東京よりお招きして吟行会を催した折に宿泊した思い出のホテルなのだ。

 尚、冒頭の夕焼けの写真は、下見で訪れた際に同じ場所から反対方向を撮影したものだ。

              岬で二分け夏の海夏の海   山口誓子


13img_2933 14img_2938 次は英虞湾とは半島を隔てた西側に位置する五箇所湾に出て、五箇所町の「愛洲の里」に行く予定である。 
 沿海が多いこの道は絶景を楽しみつゝ走る事が出来る。 一部の景観を左画像でご紹介して後は次回に譲る事にする。

15img_2942 16img_2944 
 道中の至る所に 「金鶏菊」(キンケイギク)が咲いていた。 
 国道際の崖一面に咲いているものも見掛けたが、種を撒いているのだろうか。

                      <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(240)≫7/25 ⑧ 御座 潮仏 (志摩市) | トップページ | ≪フォト俳句(242)≫8/5 ⑩ 愛洲の里 1(南勢町五ヶ所) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/11141523

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(241)≫7/31 ⑨ 浜島漁港 (志摩市) :

« ≪フォト俳句(240)≫7/25 ⑧ 御座 潮仏 (志摩市) | トップページ | ≪フォト俳句(242)≫8/5 ⑩ 愛洲の里 1(南勢町五ヶ所) »