« ≪フォト俳句(252)≫9/25 ひつぢ田・曼珠沙華(円座町) | トップページ | ≪フォト俳句(254)≫10/5 等観寺 »

2006年9月30日 (土)

≪フォト俳句(253)≫9/30 ③ 岡崎行 (近鉄特急車窓)

Ximg_0559


 前々回、9月12日に伊勢から岡崎句会へ出掛けた折の近鉄特急の車窓風景を四日市市の手前までご紹介したが、その続きである。(但し画像は他の月に撮影したものも混じっている)

 温暖で地の利も良い 「四日市」市の辺りは旧石器時代からの歴史を持ち古墳等の遺跡も多い。 
 特に日本武尊伝説や壬申の乱等に四日市地域の古代の姿を垣間見られ、平安から鎌倉時代には平家の活躍の舞台にて伊勢平氏と言われた。
 四日市の地名の由来はご想像の通り定期的に市が立っていた事による訳だが、1473年の外宮庁宣に四ヶ市の名が既に登場している。

 戦後になって四日市の名が全国に知られたのは不幸な事に 「四日市公害訴訟」(昭和42年)による。
 昭和30年代以降、四日市は日本有数の石油化学工場地帯となり、住民に喘息患者が多発して四日市喘息と言われた。 四日市公害訴訟は4大公害訴訟の1つとして昭和の歴史的出来事であり、その後の公害健康被害補償制度の充実、環境アセスメントの実施、企業の汚染者費用負担の認識促進などの端緒となった。

 今も車窓から化学工場群が望めるが環境浄化も徹底しており被害の話は聞かなくなった。

1img_8136 2img_0557_1 3img_0043
 4img_0041 5img_6843 6img_0046


 四日市市を過ぎると桑名市を経て木曾三川を渡り その後10数分で名古屋駅に着く。
 桑名は徳川家康の四天王の一人、本多忠勝が築いた桑名城を中心とした町だ。
 また東海道の七里の渡しがあり、伊勢路の出発点としての鳥居が建っている。
 №185№186でも題材にした。

 桑名市の東方を揖斐川・長良川が並行して流れ伊勢湾の河口手前で合流して一つの川となる。 更に少し離れて木曽川が伊勢湾に流れ込む。
 この三つの川を総称して木曾三川と呼ぶ。 いつ眺めても見飽きない大河の景観である。 また揖斐・長良川に広がる蘆原の景も素晴らしい。 ここも№187№188にて取り上げた。


               蘆原のそよぎに秋の兆しかな  暢一


8img_6859 9img_6861
          10img_2234 12img_0565


 長良川を渡ると車窓から河口堰の威容が見える。 10数年前より建設反対運動が全国的に展開されて新聞紙上を長く賑わせた事で有名になった 「長良川河口堰」 である。

 平成9年 師や主要同人諸氏をお招きして吟行会を催した折 見学に訪れた事があるが、環境問題に随分と気を使った展示がなされていた。
 河口堰の上は橋のような通路になっていて歩く事が出来るが広大な見晴らしは魅力的だった。

 その折の師のお句である。 

              冬深むこころに雨の河口堰  岡本眸


 句集 「流速」 に長良川七句と添え書きの上所収されていて以前にも掲載した事があるが、他の六句も再記してみる。

              冬麗の大河一微の涸れもなし
              綿虫や城濠いまは生活川
              干菜吊り大河明りもここらまで
              枯枝とて桜なりけり潜りみる
              夕日いま鏡のごとし落葉焚
              振つて消すマッチもろとも枯川原


11img_0056

                       <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(252)≫9/25 ひつぢ田・曼珠沙華(円座町) | トップページ | ≪フォト俳句(254)≫10/5 等観寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪フォト俳句(252)≫9/25 ひつぢ田・曼珠沙華(円座町) | トップページ | ≪フォト俳句(254)≫10/5 等観寺 »