« ≪フォト俳句(261)≫11/10 伊勢路・三重県 | トップページ | ≪フォト俳句(263)≫11/20 ② 紅葉・黄葉 »

2006年11月15日 (水)

≪フォト俳句(262)≫11/15 ① 初冬の伊勢平野

Img_1248


 ここのところ数回に亘って記事に取り上げてきたが、毎月第2火曜日は私の所属結社の東海支部句会が開かれるので愛知県岡崎市まで出掛ける。 

 11月は14日の昨日がその日に当たるので出掛けた。 伊勢平野の景の一ヶ月毎の変化を近鉄車窓から見るのは大きな楽しみの一つだ。

 9月12日の景を№251で、10月10日の景を前回の№261にて取り上げた。

 宜しければ今回の画像と見比べて頂きたい。 
 9月は稲刈りの済んだ後の切り株から穭 (ひつぢ)が萌え出した田、10月はその穭 が緑濃く成長している田。
 そして今月はその穭 に枯れ色が目立つ田へと変貌していた。

       伊勢平野穭田枯れて落ち着きぬ  暢一 
 

Img_1233 Img_1242 Img_1246

         火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ   能村登四郎

Img_1247 Img_1280 Img_1303

                      <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(261)≫11/10 伊勢路・三重県 | トップページ | ≪フォト俳句(263)≫11/20 ② 紅葉・黄葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪フォト俳句(261)≫11/10 伊勢路・三重県 | トップページ | ≪フォト俳句(263)≫11/20 ② 紅葉・黄葉 »