« ≪フォト俳句(262)≫11/15 ① 初冬の伊勢平野 | トップページ | ≪フォト俳句(264)≫11/25 ③ 小菊 »

2006年11月20日 (月)

≪フォト俳句(263)≫11/20 ② 紅葉・黄葉

1img_1184


 前回は句会出席の為に岡崎まで出掛けた折の近鉄車窓にて、冬ざれの雰囲気に近づきつゝある
11月14日の伊勢平野をご紹介した。
 
 岡崎に出掛ける時は、自宅から伊勢市駅まで20分近く歩くが、途中の町中の落葉樹もそろゝゝ色づき出していた。
 特に 「花水木」 が見事に紅葉している。 赤い実も生っていた。 冒頭と下の画像がそうだ。
 自宅を出て駅方向のすぐの所にある商店街のモールに植えられている。
 例年なく鮮やかな紅葉に思える。

 
21img_1182 22img_1185
          23img_1186 24img_1187


 この 「花水木」 が花を咲かせている様子については №221 にてご紹介した。 見事な咲きぶりだったので宜しければご覧頂きたい。

 下の左端画像はプラタナスだろうか。 植物に疎い私にとって樹の名は特に判別し難い。
 後三枚の画像は桜紅葉。 伊勢市駅へもう少しの所に建つ 「月夜見宮」 前の歩道にて撮影した。


41img_1198 42img_1218
          43img_1220 44img_1221


5img_1330
 JR岡崎駅に降り立ってからも句会場まで10分程歩く。 
 その道中の10月10日に撮影した画像を №257 にてご紹介したが、その折の街路樹はまだ緑だった。

 一ヶ月毎に訪れる土地の景色や花々の移り変わりを見るのは本当に楽しい。


    駅までの路の直線黄葉季  暢一

                                .

61img_1212 62img_1326 63img_1329


          何の木と知れずに紅葉また黄葉   鷹羽狩行


 下左端の植物は 「花衝羽根空木」(ハナツクバネウツギ)とやゝこしい名。
  「日々身辺抄」の8月17日にて賢島の志摩観光ホテルの庭で花を咲かせているところを取り上げた事がある。


71img_1314 72img_1332 73img_1334

                      <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(262)≫11/15 ① 初冬の伊勢平野 | トップページ | ≪フォト俳句(264)≫11/25 ③ 小菊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪フォト俳句(262)≫11/15 ① 初冬の伊勢平野 | トップページ | ≪フォト俳句(264)≫11/25 ③ 小菊 »