« ≪フォト俳句(266)≫12/10 ② 紅葉 (梅香寺) | トップページ | ≪フォト俳句(268)≫12/24 イルミネーション(JR名古屋駅セントラルタワーズ) »

2006年12月17日 (日)

≪フォト俳句(267)≫12/17 ③銀杏・冬紅葉 (梅香寺)

1img_1956


2img_1605 前回に梅香寺の紅葉を題材とした画像に写っていたが、梅香寺の象徴的な樹は高々と聳える銀杏である。 
 「日々身辺抄(12月4日)」 でも柿の木を取り上げた折にご紹介した事がある。

 そこで梅香寺の三回目記事はこの銀杏の黄葉振りの画像を並べて見たいと思う。

 左の画像もそうであるが、まだ青葉の残っている銀杏の画像は11月27日に撮影したものだ。 
 その他は12月3日と8日に撮った。


31img_1586 32img_1807 33img_1623 34img_1991


 上の画像は一週間での黄葉の変化の様を、下の画像は紅葉との競演を撮ってみた。
 
 銀杏を詠んだ句で最も有名な句。


          銀杏散るまつたゞなかに法科あり  山口青邨


41img_1779 42img_1664
          43img_1806 44img_1959


                銀杏散る兄が駆ければ妹も  安住敦


51img_1923 52img_1753 53img_1921 54img_1778


             とある日の銀杏もみぢの遠眺め  久保田万太郎


61img_1924 62img_1993
          63img_1995 64img_2000      


7img_2715 12月15日にも梅香寺を訪れてみたら、銀杏は右の画像のようにすっかり散り果てゝ枯木となっていた。

 銀杏(イチョウ)の学名である Ginkgo biloba の Ginkgo は銀杏の日本語の音読み「ぎんきょう」 が元になって付いたものだ。 また biloba は二浅裂の意味。 
 しかし中国原産にて昔中国に留学した僧が持ち帰り寺院に植えた事から日本に広まった。

 公孫樹(イチョウ)とも書くが 「公」 は祖父の意味にて、祖父が種を蒔いても実が生るのは孫の代になる事からの名だ。

 また銀杏は精子を持つ雌雄異株の樹木にて 他には蘇鉄に見られるだけの特異な植物であるが、発見者は日本の平瀬作五郎。 生きた化石と言われ僧侶が寺院に植えていた為に現存している と図鑑に記載されていた。

 なお 銀杏の花と若葉については №231にて伊勢神宮外宮の駐車場の藤の花と共に取り上げた事がある。


81img_2712 82img_2723
          83img_2742 84img_2729
91img_2731 92img_2733
          93img_2736 94img_2746
101img_2754 102img_2755
          103img_2756 104img_2743


11img_2719

                                   .
 序でに 銀杏が枯木となっていた15日の紅葉も撮影したので載せてみた。
 紅葉もかなり散ってしまって梢も薄々としてきているが、極まりに近い紅葉の色はどこか淋しさを感じる。
 前回も載せた句だが句意が最も相応しいので再掲する。


   極まればものみな淋し冬紅葉  暢一

    <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(266)≫12/10 ② 紅葉 (梅香寺) | トップページ | ≪フォト俳句(268)≫12/24 イルミネーション(JR名古屋駅セントラルタワーズ) »

コメント

のぶさんこんにちは。昨夜の風で銀杏の葉も散ってしまいました。銀杏の事をいろいろ知りありがとうございます。私にとっては開く勉強室です。更新をおまちしています。今月は友人との別れもあり元気をなくしていましたら、昨日NHKテレビで千の風となって生きている者の周りにいるそうです。彼女の退職を前にして、これから遊んでもらおうと思っていたところでしたが。
あら、すみません個人的なことで。
  温もりを残して逝けり冬紅葉
淋しいですね本当に冬紅葉

投稿: 麗 | 2006年12月18日 (月) 10:17

 麗さん こんにちは。
 いつもご覧頂き有り難うございます。銀杏の散るのは本当に一気ですね。
 また観察していて銀杏の黄葉の楽しめる時期は一ヶ月に満たない短いものだと云う事も実感しました。
 ご友人のご不幸の事、心より御悔み申し上げます。麗さんの身辺の出来事をお聞き出来るのは嬉しいものです。個人的な話題大歓迎。

   温もりを残して逝けり冬紅葉

 作者のお気持ちの籠もった佳いお句ですねぇ。

投稿: のぶ | 2006年12月18日 (月) 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪フォト俳句(266)≫12/10 ② 紅葉 (梅香寺) | トップページ | ≪フォト俳句(268)≫12/24 イルミネーション(JR名古屋駅セントラルタワーズ) »