« ≪フォト俳句(273)≫2/11 ④木曾三川公園 (岐阜県海津市) | トップページ | ≪フォト俳句(275)≫3/1 ① 初護摩 1/8 (かさもりいなり 法住院) »

2007年2月18日 (日)

≪フォト俳句(274)≫2/18 ⑤西諸戸邸 (桑名市)

 前回記事の木曾三川公園の雄大な景観を楽しんだ後、千葉へ帰る妹一家を駅まで送る為に桑名市内に戻った。

 まだ少し時間が残っているので桑名随一の豪商であった諸戸家の旧邸を公開している六華苑に行ったが残念ながら休館日だった。
 六華苑は一昨年に訪れ ≪フォト俳句(186)≫ にて携帯画像であるがご紹介した事がある。


 51img_3920 52img_3913 53img_3917


 諸戸家は初代諸戸清六が明治維新のあと新政府高官の知己を得て頭角を現した豪商だが、明治39年に初代が没して四男が二代目清六を継ぎ材木で更に財をなした。 その二代目が建てた旧諸戸邸が六華苑である。

 その折に次男は家屋敷を相続して分家し西諸戸家と呼ばれ現在に到っている。
 その西諸戸邸が上の画像だ。 歴史ある立派な日本家屋と赤煉瓦の塀や蔵が印象的だが、国指定重要文化財である。
 西諸戸邸の煉瓦と調和するように護岸が赤煉瓦で修復され、公園のようになっていた。 最近の事らしい。
 この川は桑名城の元濠だが、伊勢湾河口に近い揖斐川から入ってすぐの荷を運ぶに都合の良い場所としてここに蔵を建てたのだろう。
 桑名はその昔 東海道と伊勢路の分岐点として重要な地にて港と共に大変栄えた町だ。


               川風に潮の香少し冬の蔵  暢一 


6img_3924 六華苑が閉まっていたので仕方なくこの辺りを暫し見学したが中々雰囲気の佳い所だった。
 右の画像は反対側を撮ったものだが、漁船だろうか小型船の係留地にもなっていた。


     綿虫や城濠いまは生活川  岡本眸


               <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(273)≫2/11 ④木曾三川公園 (岐阜県海津市) | トップページ | ≪フォト俳句(275)≫3/1 ① 初護摩 1/8 (かさもりいなり 法住院) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪フォト俳句(273)≫2/11 ④木曾三川公園 (岐阜県海津市) | トップページ | ≪フォト俳句(275)≫3/1 ① 初護摩 1/8 (かさもりいなり 法住院) »