« ≪フォト俳句(277)≫3/21 ③ 芭蕉 蘇鉄塚 (かさもり稲荷 法住院) | トップページ | ≪フォト俳句(279)≫4/19 ① なばなの里 (桑名市長島町)   »

2007年3月31日 (土)

≪フォト俳句(278)≫3/31  杜、犬ふぐり (度会町大野木)

1img_5703


 「日々身辺抄」3月5日前後にて伊勢市内から少し上流に位置する宮川沿いの梅などをご紹介した。 地名は度会町大野木。
 そこから少し遡った辺りの径沿いに犬ふぐりが群生していたので撮ってみた。

 犬ふぐりについては 梅を撮影した所にも咲いていていたので やはり「日々身辺抄」3月11日にて取り上げて少し詳しく触れた。 ご覧になっていない方は宜しければクリックして頂きたい。


21img_5706 22img_5707 23img_5711


 草叢に這い蹲いつゝ小さな犬ふぐりの花を撮り終えて顔を上げると、こじんまりとした杜が雰囲気良く丸く望めるのに気がついた。 梅の咲いていた場所の隣にあった杜だ。 


3img_5702


4img_0123 興味をそそられて引き返してみた。
 左の画像が「日々身辺抄」で取り上げた梅と、先ほど望んだ杜である。

 杜の入り口に狭いながらも駐車スペースがあったので そこに車を停めて杜に入ってみた。
 外からみると鬱蒼とした杜だが、入ってみると直立した杉木立には木洩れ日もあり結構明るい。 

 木立の間の奥にごく小さな祠が見える。


              林中に永日の陽の零れけり  暢一


51img_5654 52img_5656 53img_5691
  61img_5659 62img_5664 63img_5688


7img_5683 杜の感じから小社が建っているのかと思ったので、簡素でごく小さな祠は以外だった。
 しかし遺された石段や石燈籠の様子から、昔は小さくてもそれなりの社殿が建っていたのではないだろうかと推察する。
 近辺に訊ねる人の姿も無かったのが残念である。

 右画像の如く祠を守るように聳え立っている巨木が印象的だ。 樹齢はかなりものだろう。 この杜の歴史の古さを物語っている。
 昔にタイムスリップしたような林中の雰囲気を暫し楽しむ事が出来た。


           林ゆき芽吹き湿りと思ひけり  能村登四郎           


81img_5662 82img_5673 83img_5668


 杜の向こうの明るく開けた所は宮川の渓流である。
 また杜の隅には椎茸栽培の木が組まれていた。 あまり見る機会が無いので興味深かった。
 椎茸は秋の季語である。 歳時記には椎・栗・櫟・楢などの闊葉樹の幹に生え、秋に多く生えるが春・夏・冬にも生えると書いてあった。


91img_5689 92img_5692 93img_5693

                      <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(277)≫3/21 ③ 芭蕉 蘇鉄塚 (かさもり稲荷 法住院) | トップページ | ≪フォト俳句(279)≫4/19 ① なばなの里 (桑名市長島町)   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪フォト俳句(277)≫3/21 ③ 芭蕉 蘇鉄塚 (かさもり稲荷 法住院) | トップページ | ≪フォト俳句(279)≫4/19 ① なばなの里 (桑名市長島町)   »