« ≪フォト俳句(280)≫4/23 ② 九華公園の桜 (桑名城址)   | トップページ | ≪フォト俳句(282)≫5/1 ④ 船頭平閘門の桜 (愛知県愛西市立田町) »

2007年4月29日 (日)

≪フォト俳句(281)≫4/29 ③ 治水神社の桜(岐阜県海津市)

1img_6313


 4月2日の桑名行にて①なばなの里九華公園(桑名城址)の桜とここ2回記事にしてきたが、その折 揖斐川長良川の間の堤防道路を走った序でに治水神社に立ち寄った。 
 この辺りに行くといつも訪れるだけの事にて期待していた訳では無かったのだが、思わぬ桜爛漫の境内に目を瞠った。


21img_6310 
22img_6306


 鳥居から本殿まで短い参道ながら桜並木だったのだ。 何度も訪れていて今迄は気がつかなかった。 花木とは花が咲いてそれと初めて意識するものなのだなと今更ながらに思う。 老木もあり見事な咲きぶりだ。

              行きずりの神社閑雅の花盛  暢一 


 31img_6309 32img_6314 33img_6311


 参道に添う川は揖斐川。 手水舎越しに望む葦も趣がある。


             葦牙の水のつぶやき忘れ潮  佐藤鬼房    
                                       【葦牙(あしかび)…葦の芽】

41img_6303 
42img_6305


 海津市のHPに治水神社の案内が載っていた。 要領よく纏っているので下記に引用してみる。

 『宝暦治水工事の責任者、薩摩藩家老平田靭負を祭神とする治水神社。
 昭和2年の着工以来、実に10年の歳月をかけて完成しました。決死の覚悟で国土の安全を図り、災害にあえぐ輪中の人々を救ってくれた義士たちの偉業は広く共感を得たのでしょう。その檜造りの荘厳な社と緑陰を宿す松林には、人々の義士への感銘が宿っているようです。

 神社の北西側、朱色の隼人橋を渡ったところには治水観音堂があります。御堂には治水観音堂大菩薩の御像と、その慈翼に工事の犠牲となられた薩摩義士の位牌が祀られています。
 毎年春(4月25日)と秋(10月25日)には義士の遺徳を偲び、慰霊祭が行われています。鹿児島からも多数の方々がお越しになります。』


5img_6315

                        <全画像拡大可>


 尚 治水神社については下記にて冬の景を取り上げ、薩摩藩や家老平田靭負の事を少し詳しく述べた。 宜しければご覧の程。     ↓

           ≪フォト俳句(272)≫2/2 ③ 治水神社(岐阜県海津市)
                        

|
|

« ≪フォト俳句(280)≫4/23 ② 九華公園の桜 (桑名城址)   | トップページ | ≪フォト俳句(282)≫5/1 ④ 船頭平閘門の桜 (愛知県愛西市立田町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪フォト俳句(280)≫4/23 ② 九華公園の桜 (桑名城址)   | トップページ | ≪フォト俳句(282)≫5/1 ④ 船頭平閘門の桜 (愛知県愛西市立田町) »