« ≪フォト俳句(284)≫11/28 ① 奈良行 初瀬街道。 | トップページ | ≪フォト俳句(286)≫3/28 ③奈良公園(紅葉・黄葉) »

2008年3月27日 (木)

≪フォト俳句(285)≫3/27 ②奈良公園(紅葉・黄葉)

 1img_6094
                                              <全画像拡大可>

 前回 昨年11月25日の奈良公園行の記事を掲載してより その続きを更新しないまゝ、日々を綴っているもう一つのブログ【日々身辺抄】の更新のみにて過ぎてしまったが、折角の写真をアップしないまゝ終わらせるのも惜しいので 時期を大きく外してしまったけれど画像を中心に更新しておきたいと思う。

Image22x 前回は伊勢を発って奈良までの近鉄車窓と 近鉄奈良駅から奈良公園までの道筋の景だった。 
 今回は奈良公園の景である。 道程は左の地図に記したので拡大の上 ご参照の程。

 冒頭と下4枚の画像は奈良公園の入り口に当たる浮雲・春日野園地。 園地前の東大寺に向う道には土産物店や鹿煎餅を売る屋台が多数出ている。
 私も煎餅を買って鹿に与えてみたが、荒々しく群がってくる鹿もいて子供なら恐怖を覚えるほどだろう。 私はお尻を咬まれてしまった。

Img_6096 Img_6106 Img_6112


        ----------------------------------------------------


Img_6122 春日野園地を過ぎて若草山を右手に望みつつ行くと大華厳寺の額を掲げた楼門に出た。 
 大きく立派な楼門だ。
 
 楼門に虚無僧姿の人が薙刀を携えて立っていた。
 修行僧が薙刀を持っているはずもないだろうから、単なる趣味人なのだろう。

 Img_6121 Img_6125
          Img_6128 Img_6129


        ----------------------------------------------------


Img_6136 Img_6137

 大華厳寺の楼門をさらに進むと東大寺大仏殿
 途中の道沿いに見た小さなお寺の紅葉・黄葉が印象的だった。

 Img_6141 Img_6143
          Img_6146 Img_6144


Img_6150


 東大寺の朱も鮮やかな楼門の前を左折して塀沿いの道を正倉院の方へと辿る。

 木々の間を流れるごく細い小川の辺に鹿が寝そべっていた。

 園地の人慣れした鹿とは違う自然の雰囲気が感じられる。

 Img_6156 Img_6152 Img_6174

 上三枚は東大寺左側面に沿う道よりの撮影。
 真ん中の画像はその間から覗き見た若草山。
 下の紅葉の画像に僅か見える建物は大仏殿。

 以降は次回にて紅葉・黄葉の景をたっぷりと取り上げつゝ続けたいと思う。

 Img_6168

                        <全画像拡大可>

|
|

« ≪フォト俳句(284)≫11/28 ① 奈良行 初瀬街道。 | トップページ | ≪フォト俳句(286)≫3/28 ③奈良公園(紅葉・黄葉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/40648759

この記事へのトラックバック一覧です: ≪フォト俳句(285)≫3/27 ②奈良公園(紅葉・黄葉):

« ≪フォト俳句(284)≫11/28 ① 奈良行 初瀬街道。 | トップページ | ≪フォト俳句(286)≫3/28 ③奈良公園(紅葉・黄葉) »