« 2007年11月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の2件の記事

2008年3月28日 (金)

≪フォト俳句(286)≫3/28 ③奈良公園(紅葉・黄葉)

 Img_6179
                                              <全画像拡大可>

Image23 前回に続いて、昨年11月25日に訪れた奈良公園である。

 更新に月日が経ってしまい、大きく時期を外れての記事となってしまったが、3回シリーズの奈良行のこの記事を終えておかないと 今の時期 これからの時期の記事をアップ出来ないので敢えて更新する次第にて お許し頂きたい。

 今回の道程も左の地図に印を付けた。 拡大の上 ご参照の程。

Img_6158 Img_6176

 前回記事の東大寺から 正倉院の方へと向うと、大仏池に出る。 
 池畔は大銀杏の黄葉が一面に散り敷いて眩しいほどだった。 冒頭画像がその景観だ。

 大仏池の向こうに正倉院が建つ。 日曜日は休館との事で訪れなかったが、正倉院前の広場で暫く休憩した。

Img_6198 Img_6196


        ----------------------------------------------------


 Img_6230 Img_6231 Img_62192

 暫し休憩の後 広場を横切って東大寺の右側面の道に出た。
 その道の途中から二月堂へと石段を登る。

Img_6224 Img_6245


        ----------------------------------------------------


Img_6263 Img_6262

 石段を登りきると茶屋・土産物店。 その前の小路を辿り、また石段を登ると鐘楼や堂の立つ小さな広場に出る。

 Img_6256 Img_6257
          Img_6259 Img_6255


        ----------------------------------------------------


    Img_6264 Img_6271 Img_6274

 鐘楼の建つ広場から 更に緩い坂道を辿って二月堂の境内へ。

 Img_6278

 上画像の手前の堂が三月堂。 

 下の画像が二月堂だ。
 右端画像は二月堂から見下ろした境内。 

 Img_6283 Img_6284 Img_6298


        ----------------------------------------------------


 Img_6300

 二月堂の回廊から俯瞰する景は素晴らしい。
 出口へと降りる階段はとても急だった。

 Img_6307 Img_6310 Img_6312

 下の画像は二月堂を振り返って撮ったもの。
 この道は趣のある雰囲気にて、絵を描く人 三脚を立てて写真を撮る人が多数いた。

 Img_6337 Img_6328 Img_6324


        ----------------------------------------------------


 Img_6396

 二月堂から また東大寺の右側面の道を行き、正面横に出て池越しの東大寺楼門の景を楽しんだ。

 Img_6388 Img_6375
          Img_6365 Img_6368


        ----------------------------------------------------


Img_6401 Img_6410

 池畔から春日野園地沿いの道を辿ったが、紅葉・黄葉の素晴らしさには目を瞠った程だ。

Img_6423

 奈良公園は半分弱しか巡らなかったものゝ 程好い広さにて ゆっくりと楽しめた。

Img_6417 Img_6432 Img_6436

 帰路は新公会堂の前を通り 国道からバスに乗って近鉄奈良駅へ。

 Img_6419 Img_6412 Img_6421

                        <全画像拡大可>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月27日 (木)

≪フォト俳句(285)≫3/27 ②奈良公園(紅葉・黄葉)

 1img_6094
                                              <全画像拡大可>

 前回 昨年11月25日の奈良公園行の記事を掲載してより その続きを更新しないまゝ、日々を綴っているもう一つのブログ【日々身辺抄】の更新のみにて過ぎてしまったが、折角の写真をアップしないまゝ終わらせるのも惜しいので 時期を大きく外してしまったけれど画像を中心に更新しておきたいと思う。

Image22x 前回は伊勢を発って奈良までの近鉄車窓と 近鉄奈良駅から奈良公園までの道筋の景だった。 
 今回は奈良公園の景である。 道程は左の地図に記したので拡大の上 ご参照の程。

 冒頭と下4枚の画像は奈良公園の入り口に当たる浮雲・春日野園地。 園地前の東大寺に向う道には土産物店や鹿煎餅を売る屋台が多数出ている。
 私も煎餅を買って鹿に与えてみたが、荒々しく群がってくる鹿もいて子供なら恐怖を覚えるほどだろう。 私はお尻を咬まれてしまった。

Img_6096 Img_6106 Img_6112


        ----------------------------------------------------


Img_6122 春日野園地を過ぎて若草山を右手に望みつつ行くと大華厳寺の額を掲げた楼門に出た。 
 大きく立派な楼門だ。
 
 楼門に虚無僧姿の人が薙刀を携えて立っていた。
 修行僧が薙刀を持っているはずもないだろうから、単なる趣味人なのだろう。

 Img_6121 Img_6125
          Img_6128 Img_6129


        ----------------------------------------------------


Img_6136 Img_6137

 大華厳寺の楼門をさらに進むと東大寺大仏殿
 途中の道沿いに見た小さなお寺の紅葉・黄葉が印象的だった。

 Img_6141 Img_6143
          Img_6146 Img_6144


Img_6150


 東大寺の朱も鮮やかな楼門の前を左折して塀沿いの道を正倉院の方へと辿る。

 木々の間を流れるごく細い小川の辺に鹿が寝そべっていた。

 園地の人慣れした鹿とは違う自然の雰囲気が感じられる。

 Img_6156 Img_6152 Img_6174

 上三枚は東大寺左側面に沿う道よりの撮影。
 真ん中の画像はその間から覗き見た若草山。
 下の紅葉の画像に僅か見える建物は大仏殿。

 以降は次回にて紅葉・黄葉の景をたっぷりと取り上げつゝ続けたいと思う。

 Img_6168

                        <全画像拡大可>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年4月 »