カテゴリー「f 伊勢市近郊その他」の16件の記事

2007年3月31日 (土)

≪フォト俳句(278)≫3/31  杜、犬ふぐり (度会町大野木)

1img_5703


 「日々身辺抄」3月5日前後にて伊勢市内から少し上流に位置する宮川沿いの梅などをご紹介した。 地名は度会町大野木。
 そこから少し遡った辺りの径沿いに犬ふぐりが群生していたので撮ってみた。

 犬ふぐりについては 梅を撮影した所にも咲いていていたので やはり「日々身辺抄」3月11日にて取り上げて少し詳しく触れた。 ご覧になっていない方は宜しければクリックして頂きたい。


21img_5706 22img_5707 23img_5711


 草叢に這い蹲いつゝ小さな犬ふぐりの花を撮り終えて顔を上げると、こじんまりとした杜が雰囲気良く丸く望めるのに気がついた。 梅の咲いていた場所の隣にあった杜だ。 


3img_5702


4img_0123 興味をそそられて引き返してみた。
 左の画像が「日々身辺抄」で取り上げた梅と、先ほど望んだ杜である。

 杜の入り口に狭いながらも駐車スペースがあったので そこに車を停めて杜に入ってみた。
 外からみると鬱蒼とした杜だが、入ってみると直立した杉木立には木洩れ日もあり結構明るい。 

 木立の間の奥にごく小さな祠が見える。


              林中に永日の陽の零れけり  暢一


51img_5654 52img_5656 53img_5691
  61img_5659 62img_5664 63img_5688


7img_5683 杜の感じから小社が建っているのかと思ったので、簡素でごく小さな祠は以外だった。
 しかし遺された石段や石燈籠の様子から、昔は小さくてもそれなりの社殿が建っていたのではないだろうかと推察する。
 近辺に訊ねる人の姿も無かったのが残念である。

 右画像の如く祠を守るように聳え立っている巨木が印象的だ。 樹齢はかなりものだろう。 この杜の歴史の古さを物語っている。
 昔にタイムスリップしたような林中の雰囲気を暫し楽しむ事が出来た。


           林ゆき芽吹き湿りと思ひけり  能村登四郎           


81img_5662 82img_5673 83img_5668


 杜の向こうの明るく開けた所は宮川の渓流である。
 また杜の隅には椎茸栽培の木が組まれていた。 あまり見る機会が無いので興味深かった。
 椎茸は秋の季語である。 歳時記には椎・栗・櫟・楢などの闊葉樹の幹に生え、秋に多く生えるが春・夏・冬にも生えると書いてあった。


91img_5689 92img_5692 93img_5693

                      <全画像拡大可>

| | コメント (0)
|

2006年11月15日 (水)

≪フォト俳句(262)≫11/15 ① 初冬の伊勢平野

Img_1248


 ここのところ数回に亘って記事に取り上げてきたが、毎月第2火曜日は私の所属結社の東海支部句会が開かれるので愛知県岡崎市まで出掛ける。 

 11月は14日の昨日がその日に当たるので出掛けた。 伊勢平野の景の一ヶ月毎の変化を近鉄車窓から見るのは大きな楽しみの一つだ。

 9月12日の景を№251で、10月10日の景を前回の№261にて取り上げた。

 宜しければ今回の画像と見比べて頂きたい。 
 9月は稲刈りの済んだ後の切り株から穭 (ひつぢ)が萌え出した田、10月はその穭 が緑濃く成長している田。
 そして今月はその穭 に枯れ色が目立つ田へと変貌していた。

       伊勢平野穭田枯れて落ち着きぬ  暢一 
 

Img_1233 Img_1242 Img_1246

         火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ   能村登四郎

Img_1247 Img_1280 Img_1303

                      <全画像拡大可>

| | コメント (0)
|

2006年11月10日 (金)

≪フォト俳句(261)≫11/10 伊勢路・三重県

1img_9885


 前回記事で名古屋の熱田神宮から伊勢路を経て伊勢神宮までの全日本大学駅伝を取り上げたが、駅伝が駆け抜けた伊勢平野の画像と共に伊勢路と三重県について今回は取り上げてみたいと思う。

 画像は10月10日に近鉄車窓から撮った三重県中南部の伊勢市を流れる宮川から、三重県北部の鈴鹿川までの水のある景にした。 少し前の近鉄車窓の記事とよく似た場所の画像もあるがご容赦頂きたい。 


21img_9908 22img_9915 23img_9921

 駅伝が走った「伊勢路」は、東海道42番目の宿場町であった桑名の「七里の渡し」を起点として伊勢神宮まで伊勢平野を南下する街道の事を指す。 因みに「七里の渡し」は熱田の宮の渡しから海上を七里船に乗って着いた事からの名だ。 今も伊勢路の起点としての大鳥居が建っている。

 しかし「伊勢路」とは各方面から伊勢を目指す主要街道の総称だから、関西方面から また熊野方面から伊勢迄の街道も伊勢路と呼ぶ。 近年 熊野古道が世界遺産に登録されてからは熊野からの伊勢路がよく話題になり、ネット検索でもこちらのヒット数の方が遥かに多い。

 また伊勢志摩吟行会記の№242№243にて触れた五ヶ所湾西部辺りから伊勢方面に行く山間の古道の途中にその名も「伊勢路」と云う地名があり興味をひく。 鄙びた山里に過ぎないだろうけれど一度訪れてみたいものだ。
 正確に住所を記すならば「三重県南伊勢町伊勢路」である。


 三重県は昔の令制国で言えば、伊勢国、志摩国、伊賀国、紀伊国の一部より成る。

 南北に180kmと非常に細長く、地形も伊勢湾北部から熊野灘の南部までの海岸地帯、伊勢平野などの平野部、鈴鹿山脈を代表とする西部の山脈地帯、青山高原などの高地、盆地、低地、等々と実に多様である事から気候も地域差が大きく変化に富んでいる。 
 北部山地は雪国の景を見せるが、南部で雪を見るのは年に数える程だ。

 座興で三重県と隣接する県の数はとクイズを出してみると、三重県人であっても正確に答えられない。
 正解は6県。 北部で愛知県・岐阜県。 北西部で滋賀県・京都府。 西部で奈良県。 南部で和歌山県と隣接している。 5県は判かるけれど京都府のごく一部と隣接している事を知らない人の多いのがこのクイズのポイントだ。


31img_9922 32img_9920 33img_9928

 「三重」の語源は古事記に遡る。 
 日本武尊が東方遠征を終えて桑名郡尾津(桑名市)の浜から能褒野(亀山市)へ向かう途中の事、古事記に『「吾が足は三重の勾がり(曲り)の如くして甚だ疲れたり」とのりたまいき。故、其地を號けて三重と謂ふ。』とあることに由来するとされている。

 能褒野(のぼの)まで来て日本武尊は力尽き息絶える。 そこに陵(墳墓)を造ったところ一羽の白鳥が陵から大和目指して飛び立ったと言う故事は有名だ。
 明治12年に内務省が亀山市の能褒野神社西にある丁字(ちょうじ)塚と呼ばれる前方後円墳を日本武尊の陵と指定したが、史実かどうか定かではないようだ。

  能褒野の地は国道1号線や関西本線が四日市方面から来て亀山の手前辺りで近くを通っている。

          時雨つつ能褒野辺りの車窓かな  暢一


 白鳥が飛び立った能褒野の墳墓を白鳥陵と呼ぶが、大和までの途中に白鳥が舞い降りたとする伝説地に今でも白鳥陵と呼ばれる古墳がそれぞれ遺っている。
  最初に舞い降りたと言われる奈良県御所市琴弾原。 そして大阪府羽曳野市旧市邑。

 郷土にまつわる話から興味を持ち古事記を読む事になった若い頃が懐かしく思い出される。
 尚、日本武尊に関しては「歴史の扉 ヤマトタケル」を参照させて頂いた。 多数の現地画像と共に詳しく掲載されているので興味のおありになる方はご覧になって頂きたい。


          棕櫚剥ぐや古事記の川に映りつつ   加倉井秋を


  (「棕櫚剥ぐ」は初冬の季語。棕櫚の幹の皮を剥いて表面の毛状繊維を採取することを言う。)

  41img_9927 42img_9929 43img_9941

                        <全画像拡大可>

| | コメント (0)
|

2006年9月25日 (月)

≪フォト俳句(252)≫9/25 ひつぢ田・曼珠沙華(円座町)

Ximg_8230


 前回 岡崎句会出向の近鉄車窓風景をご紹介した折、 「穭(ひつぢ)」 の田について 「穭とは稲を刈ったあとの切り株から、青い芽が萌え出てくる事を言う」 と説明しつゝ触れた。

A1img_8301 A2img_8298 数日前に伊勢市郊外に行く機会があったが、刈り取られた田にその穭が成長して青田の如き景を見せている。
 そこで車窓風景のご紹介を中断して、今回は秋色整った伊勢市郊外の穭田その他の田園風景をご紹介したい。

 左上の画像で切り株から萌え出ている様子がお判り頂けると思う。
 水を張って栽培を続ければ立派にお米が収穫出来るかも知れない等と言えば農家の方に笑われるだろうけれど。


1img_8243 2img_8240
          3img_8247 4img_8233

 畦道に生い茂った秋の草々の風情が郷愁を誘う。 しゃがみ込んで覗いてみると小さな花々が見える。 上画像の左端から 「ねこじゃらし」、「アメリカ栴檀草(せんだんぐさ)」、「赤まんま(犬蓼(いぬたで))」、「露草」 。

B1img_8294 野山を駆け巡る事が毎日の遊びであった少年時代迄はどれもお馴染みの草花だが、社会に出て疎遠になってしまった。
 俳句を長年詠んでいると、またこれ等の何でもない草々が親しくなってくる。 俳人は心情が少年時代に戻っていくのかも知れないなと思ったりする所以だ。

 また畦には曼珠沙華がそここゝに咲き出していた。


          ゆふぐれに少年泣けり曼珠沙華  暢一
           

9img_8281 10img_8285
          11img_8291 12img_8289


 まだゝゞ蕾が多い曼珠沙華だ。 時期を置いて訪れたら素晴らしい景を撮影出来るだろうけれど、再訪出来るかどうか不確かなので少し早い曼珠沙華ながら掲載する事にした。


13img_8270 14img_8276
          15img_8213 16img_8251


          まんじゆさげ暮れてそのさきもう見えぬ  大野林火   


5img_8263 6img_8253 7img_8282 8img_8287

                        <全画像拡大可>

| | コメント (2)
|

2006年9月20日 (水)

≪フォト俳句(251)≫9/20 ② 岡崎行(近鉄特急車窓)

1img_0459

 前回に触れた伊勢市駅はJRの駅舎にて近畿日本鉄道の特急も停車し、我が家からは近い事から近鉄に乗るのにも専ら伊勢市駅を利用するが、近鉄の伊勢市玄関口は冒頭画像の「宇治山田駅」である。 但しこの画像は正月に撮影したものだ。 大きな門松が写っている。

 「宇治山田」とは50年前まで伊勢市の旧市名であった事から今もそのまま駅名となっている。
 この近鉄「宇治山田駅」は昭和6年(1931年)建設の中々趣のある名建築の駅舎だ。
 国の登録有形文化財にも指定されていて一見の価値があるが、存命であれば97歳となる父が20代の折に正装して新築早々の宇治山田駅舎の前で記念写真を撮っているのがアルバムに残っている。


2img_8096 3img_8097
          4img_8120 5img_8115

 今回からは岡崎句会に出掛ける折の近鉄の車窓風景を取り上げてみたいと思う。

 伊勢市駅を発車すると伊勢市町中はあっと云う間に過ぎて市内西を流れる宮川を渡る。
 宮川は日本有数の多雨地帯である奈良県境の大台山系を源流とし、三重県下最長の一級河川であるが何度も水質日本一に選ばれた清流だ。 上の画像左2枚がその宮川である。 
 右端の画像は伊勢市の隣の松阪市の手前を流れる櫛田川。 全長約85kmの一級河川だ。

 宮川を渡ると伊勢平野の田園地帯が広がる。 9月12日の景であるが 稲田は全て刈り取られていた。
 伊勢平野の稲田は例年8月の中頃に稲刈りを行うが、今年は梅雨が長引いた影響で9月初め迄ずれ込んでしまった。

               稲刈つて畦の緑の幾何模様  暢一


 しかし刈田には早くも「穭(ひつぢ)」が見える。
 「穭」とは稲を刈ったあとの切り株から、青い芽が萌え出てくる事を言う。 秋の季語にて俳句に親しんでいる方ならご存知だろう。 
 
             らんらんと落日もゆる穭かな  富安風生 
                             

6img_0648 8img_5825
          7img_5823 9img_5819

 20年近く毎月々々見ている車窓風景だが、土地々々の景観や月々の季節による変化も楽しく見飽きる事がない。
 近鉄特急は伊勢市から松阪市、そして大阪方面への乗り換え駅の中川に停まり、次は県庁所在地の津市。 津には市民の自慢する世界一がある。 それは「つ」と世界で一番短く発音する都市名。 ま~たわいも無い自慢である。

 津市から鈴鹿市を過ぎて暫くすると鈴鹿川越しに高く巨大な煙突が遠くに見えてくる。
 昔、公害で有名になった日本有数の工業地帯を持つ四日市市だが、以降は次回に譲りたい。

                       <全画像拡大可>

| | コメント (2)
|

2005年10月 5日 (水)

≪フォト俳句(175)≫10/5 ④茶の花・曼珠沙華(伊勢市郊外度会町)

sh0374-a
 前回記事の曼珠沙華を撮った度会町は茶の栽培も盛んな土地だ。
 意外に思われる方もいるであろうが、三重県は全国第3位の生産高を誇る屈指のお茶どころである(1位は勿論静岡県、2位は鹿児島県)。
 三重県北部から南部までいたる所で茶畑が見られる。 
 特に鈴鹿山麓に広がる茶畑は霜除けの扇風機が林立して一種独特の景観だ。
 
 但し 三重県の茶は他産地銘柄茶の原料用茶として出荷されることが多い事から全国的に知られてはこなかった。静岡銘柄の茶製品に三重県の茶が使われている場合があるかもしれないと云う事だ。
 近年統一ブランドを「伊勢茶」と銘打って販売に力を注ぎ、出荷量の20%近くまでを「伊勢茶」として販売出来るようになってきた。 


    掌にのせ茶の花を仰向かす   富安風生


 曼珠沙華を撮影していて茶畑が花盛りである事に気が付いた。茶畑を離れて見ている時は分らなかった。園芸としての「茶の花」を見た事があるだけにて、茶畑に咲く花は初めての経験だ。
 歳時記で「茶の花」は晩秋から初冬に咲く花としつつ、冬の季語になっている。


     茶の花の咲きこぼれゐて農閑期  暢一


       sh0375-1 sh0380-2
          sh0379-3 sh0378-4

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2005年9月30日 (金)

≪フォト俳句(174)≫9/30 ③曼珠沙華<彼岸花>(伊勢市郊外度会町)

sh0364-a
 昨日早朝、所用にて度会町に出掛けた。伊勢市郊外の宮川沿いに少し遡った辺りである。田園地帯にて時々近辺を記事にしている。
 田園風景の中 一番目についたのは、やはり刈田の畦を彩る「曼珠沙華(彼岸花)」だ。
 
 花々の開花時期は日本列島の南から北へと咲き移っていくものであるが、曼珠沙華だけは南も北も同じ時期に一斉に咲くと聞いた事がある。
 曼珠沙華は刈田の畦に咲く花と印象している伊勢在住の私であるが、刈入れのまだ済んでいない地方の人々には、黄金色の稲田を赤く彩る花との印象なのであろうか。

      西国の畦曼珠沙華曼珠沙華   森澄雄

 写真上の田の緑は<№171>で触れたように切り株から萌え出た櫓が成長したものである。一見して青田と見紛う程だ。
 写真下は、左から曼珠沙華の蕾の変化の様子である。

    曼珠沙華折れてをり子の過ぎしあと  暢一

sh0361-1 sh0354-2 sh0346-3
sh0366-4 sh0369-5 sh0358-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月17日 (土)

≪フォト俳句(171)≫9/17 田園(近鉄車窓)

sh0209-a
 左の写真は8月5日に撮った伊勢市近郊の稲田である。借り入れ時期も間近な雰囲気の黄金色だ。
 事実殆どの田がお盆休みの間に刈り入れを済ませてしまった。
 下記6枚の写真はこの9月13日に近畿日本鉄道特急にて名古屋まで出掛けた折の車窓風景である。
 伊勢平野も中部以南は伊勢近郊と同じく刈田が広がるが、北部にはまだ一部に稔田が残っていた。
 驚くべき事に揖斐・長良・木曾川の所謂三川を越えて濃尾平野に入ると、そこにはまだ緑色をした稲田が広がっている。黄金色に実るまで間がありそうである。一体刈り入れの時期はいつになるのだろう。

 下記一枚目に写っている刈田の奥の薄く緑色した田は、既に刈り取ったあとの切り株から青い芽が萌え出たものである。
 これを「穭(ひつぢ)」と云い、この田の事を「穭田」と呼ぶ。 

   らんらんと落日もゆる穭かな  富安風生

 勿論秋の季語であり、俳人好みの言葉らしくよく詠まれている。


       稔田の北に残れる伊勢平野  暢一


sh0493-1 sh0473-2 sh0479-3
sh0496-4 sh0006-5 sh0022-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年3月31日 (木)

≪フォト俳句(122)≫4/3 蘇鉄・沈丁花(伊勢市郊外)

 伊勢市郊外の小さな旅館を兼ねたドライブンインへある会合出席の為に出掛けた。
 会合の後 喫茶部で珈琲を飲みながら庭の蘇鉄を眺めていると、蘇鉄の上部から写真1,2,3枚目のように尻尾のような物が長く垂れ下がっているのに気がついた。女将に尋ねると雄花との答えである。 図鑑で蘇鉄の雄花は夏 最上部に直立して薄黄色の花穂が出るとある。 この蘇鉄は昨年の花が枯れて垂れ下がってしまったものとみえる。
 
 蘇鉄は雌雄異株にて雌株の木の花と雄株の木の花とはまるで姿が違う。 写真4枚目が雌株の木、5,6枚目が雌花の枯れた物である。 雌花は近所で数日前に見つけた物にてまだ小さく低いゆえ撮る事が出来た。 ドライブインでの経験が無かったら雌花と気づきも意識もしなかったであろう。
 
 庭の蘇鉄は雌雄を対に配置して植えるのが一般的らしい。 庭石にも男石女石とあって、この庭でも雄の蘇鉄には男石が 雌の蘇鉄には女石が配してあった。 勿論その女将からの受け売りの話である。

 南国情緒のある蘇鉄であるが、以外な事に図鑑には原産が日本・中国南部と載っている。よく見られる蘇鉄は殆んどが日本原産らしい。 また植物には珍しく精子で受精する。これは他に銀杏があるくらいにて極めて珍しい事だそうである。

         木蓮が蘇鉄の側に咲くところ  河東碧梧桐

 この庭の蘇鉄に配された男石の側には沈丁花が咲いていた。

 
         沈丁や茶房の窓の雨催  暢一
         

sh0377-1 sh0380-2 sh0378-3
sh0382-5 sh0019-a sh0018-b
sh0376-7 sh0375-8 sh0374-9

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年2月28日 (月)

≪フォト俳句(114)≫2/28 (№3)ガードウーマン(伊勢市郊外)

 前回記事の宮川からの帰路 ガードマンが道路工事現場にて交通整理をしていた。
 まだ二十歳代と思われる若い女性である。
 最近になって交通整理をしている女性のガードマンをよく見掛けるようになった。今迄男性オンリーと思われていた職場への女性の進出が目覚ましい昨今であるが、警備員の仕事も例外でないらしい。
 因みに女性の警備員はやはりガードウーマンと呼ぶらしい。

 私の知人にも女性ながら資格を取ってこの仕事に従事している人がいる。
 彼女は警備員の仕事に従事する為には30時間の警備員教育を受ける必要はあるものの、資格の必要迄は無いそうだが、公安委員会認定の警備員検定にて資格を取得すると給料が上がるからと言っていた。

 資格検定は一つで全ての警備業務に通じる訳ではなく、業務内容毎に5種類に分かれていて、それぞれに1級2級がある。 
   ①(1号警備)常駐警備、
   ②(2号警備)交通誘導警備、
   ③(3号警備)貴重品運搬警備、
   ④核燃料物質等運搬警備、
   ⑤ 空港保安警備、
 
 また警備の業務は警備業法と云う法律の第2条第1項に定められていて、
 他に⑥(4号警備)ボディーガード、⑦機械警備(センサーによる監視通報等)がある。

        鱈さげて夜間工事のなか通る  福田甲子雄

 彼女の取得した資格は勿論②交通誘導警備の2級である。
 現代女性は実に逞しい。


        きびきびとガードウーマン花菜道  暢一


sh0206-2 sh0473-3 sh0209-14 823c-gaadoman-1

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|