カテゴリー「c 伊勢市内名所・神社仏閣」の65件の記事

2009年4月 7日 (火)

≪フォト俳句(292)≫4/6 伊勢の桜巡り 

 ここ数日暖かい日が続きます。 今日と言っても零時を過ぎ日付が変ってしまいましたが、現在の室温計は17.1℃を指していて春本番もようやく定まった感じです。
 昨日の日曜日は各地共に満開の桜で賑わったようですね。

 私も伊勢のあちらこちらのを見てきました。
 名所として評判の桜、地元の人しか知らない無名の桜、と様々ですが巡った順番に9ヶ所のご紹介をしてみます。
 どうぞ画像クリックで拡大してご覧下さい。

 ① 中島小学校 (伊勢市内)

Img_8962
                                           <全画像拡大可>

 伊勢市街の西方に位置する中島小学校
 校庭の二辺を桜が彩っています。
 古い歴史を持つ小学校ですので桜の樹齢も古そうです。
 曇り空だったので鮮やかな画像とまではいかなかったのが残念。

Img_8949

 中島小学校近くのお宅に咲いていた桜。
 色の濃さから見て染井吉野ではありませんね。
 この辺りから桜の名所である宮川堤までは歩いて5分ほどの近くです。

        堤までゆく町中も桜さくら  暢一


 ② 日本たばこ産業(株)伊勢(営)

Img_8942

 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢 【 日々身辺抄 】のほうで3月30日にご紹介した日本たばこ産業(株)伊勢(営)の桜です。4日後ですが満開となっていました。
 宜しければ下記をクリックの上でご参照下さい。
            ↓
  ‘町中の桜 (伊勢市 日本たばこ産業㈱)’


 ③ 宮川堤 (伊勢市内)

1

 伊勢市西方を流れる一級河川宮川の堤の桜。
 宮川堤日本桜100選の一つに挙げられている桜の名所です。
 昔は宮川に橋が無く、三ヶ所の渡しから舟で伊勢の町中へと渡り伊勢神宮へお参りしたのです。 その三ヶ所の渡しの一つがこの辺りにあり、桜の渡しと呼ばれていましたから桜の名所としての歴史の古さが偲ばれます。


 ④ 宮リバー (伊勢市郊外)

Img_7009

 宮川の桜堤は伊勢市街西端に位置しますが、そこから宮川を上流へ車で15分ほど辿ると度会町営の公園 宮リバーがあります。
 プール、テニスコート、広場や遊園地、家庭菜園等々があり結構広い公園ですが、宮川に沿った桜並木の遊歩道が桜の名所として伊勢地方では知られるようになってきました。


 ⑤ 南中村公民館 (度会郡度会町)

Img_9007

 宮リバーの少し上流より宮川の支流である一之瀬川沿いの道を20分ほど南下した所の南中村公民館に咲く桜。
 昔は一之瀬村と云いましたが、少し縁があって幼少の頃から時々訪れた所です。 最近はご無沙汰をしていましたが、この桜の古木を思い出し足をのばして寄ってみました。 

 この道は伊勢南島線と呼ばれて、伊勢神宮外宮から熊野灘に面する南島町までの道を言いますが、この南中村からは南島の海岸まで10分ほどの距離です。
 また古代に倭姫命が神宮を伊勢に創建するにあたって佳き地を探索する折に辿った歴史的な山間の古道でもあります。


 ⑥ やすらぎ公園 (伊勢市内)

Img_9054

 伊勢神宮外宮の裏手に位置する小山の上にあるやすらぎ公園の桜。 
 プールもある公園ですが、伊勢市営の墓苑が主となっています。
 その為か素晴らしい桜の園であるにも拘らず また日曜日にも拘らず人気無くひっそりと静まり返っていました。
 昔はもっと桜見物の人出が見られたように思うのですが、今は穴場になってしまったようです。

Ximg_9098


 ⑦ 五十鈴公園 (伊勢神宮内宮近辺)

Img_9119

 伊勢神宮内宮の近くにある五十鈴公園。 
 三重県立陸上競技場もあり、様々な全国大会が開催されたりしますが、伊勢市民のよき憩いの場です。
 見るべき桜はありませんが それなりにそここゝに咲いて楽しませてくれます。


 ⑧ 五十鈴川 (伊勢神宮内宮)

Img_9150

 五十鈴公園の帰路の橋から伊勢神宮内宮の方向に向かって撮影した五十鈴川
 右側が伊勢神宮鳥居前町として有名なおはらい町通り裏手の川畔です。
 赤信号の時に車の中から撮影しましたので見辛くなってしまいましたが…。


 ⑨ 宮町駅 (伊勢市内)

Img_9153

 近畿日本鉄道宮町駅前に咲く桜。 
 宮町駅は伊勢市駅の一つ手前の駅にて各駅停車しか止まりません。
 かなりの古木です。 我が家から近い事もあって毎年咲くのを楽しみにしています。
 夕方近くでしたので、夕日に染まった桜の画像となりました。


Img_9192

 食事をしての帰宅時の撮影です。
 桜見物の途中から徐々に晴れだした空は雲一つ無く晴れ渡って茜空の夕暮となりました。
 飛行雲が見えますが、伊勢市上空は中部国際空港(セントレア)への航路になっているようです。


 地図に訪れた場所の番号を記してみました。 宜しければ画像拡大の上 ご参照下さい。

Img05_250_23_11

                      <全画像拡大可>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月11日 (木)

≪フォト俳句(291)≫12/11 ② 銀杏黄葉 (梅香寺)

1img_7716

21img_7735 22img_7753
                                              <全画像拡大可>

 前回 伊勢市の町中にある梅香寺楓紅葉を取り上げたましたが、今回はその続きにて
 同じく梅香寺の境内に聳える大銀杏黄葉です。


3img_7713

41img_7843 42img_7842

 わが町のシンボルのように聳え立っていて子供の頃から印象深い大銀杏の樹です。
 上右の画像は梅香寺の隣りのお宅の山茶花越しに撮影してみました。


              幼少の記憶に今に散る銀杏  暢一


5img_7776

61img_7780 62img_7774

 銀杏(イチョウ)の学名は Ginkgo bilobaですが、Ginkgo は銀杏の日本語の音読み「ぎんきょう」 が元になって付いたものにて、biloba二浅裂の意味からだそうです。 
 しかし日本語からの学名ながら原産は中国。 昔中国に留学した僧が持ち帰り寺院に植えた事から日本に広まったと言われます。

 公孫樹(イチョウ)とも書きますが 「公」 は祖父の意味で、祖父が種を蒔いても実が生るのは孫の代になる事からの名だとか。

 また銀杏は精子を持つ雌雄異株の樹木にて 他には蘇鉄に見られるだけの特異な植物ですが、発見者は日本の平瀬作五郎。 生きた化石とも言われ僧侶が寺院に植えていた為に現存している、と図鑑に記載されていました。


7img_7837

81img_7835 82img_7831


            とある日の銀杏もみぢの遠眺め  久保田万太郎       


9img_7832


            銀杏ちる兄が駆ければ妹も  安住敦


10img_7840


            銀杏散る視野に余りしところより  岡本眸         


111img_7781 112img_7773 113img_7834

                       <全画像拡大可>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月 1日 (月)

≪フォト俳句(290)≫12/1 ① 楓紅葉 (梅香寺)

1img_7714
                                              <全画像拡大可>

 今年も残すところ1ヶ月となりました。 師走に入った今日は雲一つない快晴の小春日和です。
 正午前の我がPCデスクの温度計は12.5℃。 屋内は冷えます。

  画像は梅香寺です。 
 伊勢市街地の西方、伊勢神宮外宮と宮川堤の中間辺りに位置する町寺ですが、百五銀行筋向橋支店横の路地を入ってすぐの所ですので、銀行へ行った序でに時々寄ります。


21img_7728 22img_7747


 梅香寺の今の時期の楽しみは楓紅葉と、大銀杏の黄葉。 
 どちらもかなりの古木です。
 今回は楓紅葉を。 次回に銀杏黄葉を取り上げたいと思います。 


Img_7634
 今回は築地塀沿いの楓紅葉。 

 11月26日に寄ってみましたが、楓は一部紅葉していたものゝ まだゝゞ青葉の残っている楓でした。 

 左の上画像が26日に撮影したまだ青い楓です。

 
Img_7853 昨日30日の朝もう一度寄ってみると色鮮やかに紅葉していました。
 
 僅か4日間での変化です。

 同所を撮影した26日の左上と30日の左下の画像を比べてお分かりのように、数日での紅葉への変化振りは驚きです。

 また去年よりも一週間程は早いような気がします。


31img_7730 32img_7725


 上画像の背景に黄色く写っているのは黄葉した大銀杏です。 
 次回に取り上げる予定です。

    --------------------------------------------------------


4img_7770


 梅香寺は臥竜の松を中心としたごくゞゝ狭い境内です。
 しかし楓や大銀杏の他にも紅梅・躑躅・山茶花・芭蕉などと四季折々それぞれが楽しませてくれます。

 そうそう夏の初めには古代蓮の見事な大輪の花も。 
 上の画像の山茶花の所に僅かに写っている一坪にも満たない小さな池と植木鉢に植えられたものですが、機会があれば取り上げてみたいと思っています。


51img_7763 52img_7759
61img_7799 62img_7750


 例年になく11月が真冬並みに冷え込んだ為,、全国的に紅葉が綺麗なようですね。
 梅香寺のこの楓紅葉も去年より鮮やかなような気がします。


Img_7849


              末寺ながら葵の御紋照紅葉  暢一 


 梅香寺の紋章が徳川家の三つ葉葵の御紋である謂れは、徳川家康の側室 お梅の方(越前大野城城主の息女)の懇請により1615年に開山された徳川将軍家の菩提寺であったからです。
 江戸時代は栄えましたが明治以降衰退し、小さな町寺として旧地の蓮随山より移転の上 現在に至っています。      


Img_7847 Img_7852


              大紅葉燃え上がらんとしつつあり  高浜虚子


7img_7790

81img_7783 82img_7784


              障子しめて四方の紅葉を感じをり  星野立子


9img_7794


              近づけば紅葉の艶の身に移る  沢木欣一


10img_7813

111bimg_7829 112img_7829


              濃紅葉と戦ふごとくうちむかふ  富安風生


Img_7854


              わが旅の紅葉いよいよ濃かりけり  高浜年尾


12img_7815

131img_7826 132img_7812


              この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉  三橋鷹女


14img_7819

                       <全画像拡大可>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年3月21日 (水)

≪フォト俳句(277)≫3/21 ③ 芭蕉 蘇鉄塚 (かさもり稲荷 法住院)

1img_5148


 前回、白梅の咲くかさもり稲荷 法住院をご紹介したが、今回も同寺の続きである。
 白梅の咲く反対側、稲荷神社の前方にあたる角では紅椿が鮮やかだ。


              椿咲くこの道夜は怖からむ  暢一


21img_5157 22img_5160 23img_5158 24img_5156


 そこには手水舎が建つが、その背後に古い句碑が苔むして幾つか並んでいる。


3img_0184 その中で一番有名なのが左画像の蘇鉄塚。 
 寛政5(1793)年の松尾芭蕉百年忌の折に門人達によって建立された芭蕉句碑である。 彫られた句は


   門に入れば蘇鉄に蘭のにほひかな  松尾芭蕉


 この句は「笈日記」に「守栄院」と前書きがあり元禄2(1689)年 芭蕉46歳の吟。
 芭蕉が岐阜の大垣で「奥の細道」の旅行を終えた後、伊勢神宮のご遷宮を見る為に伊勢に詣でた折に詠んだものだ。 守栄院については「句選年考」の頭注に『守栄院は伊勢山田棒の小路と云ふ所に有り、寺は浄土宗にて名高き蘇鉄あり』とある。

 守栄院は明治13(1880)年に廃寺となり、元々守栄院にあった蘇鉄塚が法住院に移されて現在に到っている。


 以上の事は中川竫梵氏著「伊勢の文学と歴史の散歩」を参考にさせて頂いたが、同著には守栄院から移されたその他の句碑として以下が挙げられている。

     蚊帳越しに朝顔見やるくもり哉  伊藤自然  寛政11(1799)年建立
     影もなき身をうつせとて清水哉  松貴二曲  文化 2(1805)年 〃
     松かぜに耳あらひけりほととぎす 野村野渡  天保10(1839)年 〃
     月のさす夜もあるものを冬ごもり  古森省吾  弘化 2(1845)年 〃

 立ち並ぶ碑を個々に写してみたが、下の中画像が伊藤自然、右が松貴二曲の句碑である事が判るくらいで、他は不明だった。


41img_0190 42img_0192 43img_0191
51img_0182 52img_0187 53img_0189 54img_0188


 句碑だけでは寂しい感じなので、他に咲いていた花も載せてみる。
 水仙だが、花をアップしてみると見慣れない花の姿をしている。
 図鑑を見ても多種あるようだ。 


61img_5246 62img_5248 63img_5251


 次は柊南天(ヒイラギナンテン)。 まだ蕾が少し膨らんだところだ。
 柊南天は目木(めぎ)科。 葉が柊に、実が南天に似ている事から付いた名にて、木犀科の柊とは科が違い 南天と同科である。


71img_5237 72img_5241 73img_5244


 今日 近くの商店街の柊南天を見てみると花が開いていたので撮影した。 法住院の柊南天は2月27日に撮影したものだが、一ヶ月弱後の商店街では葉の色も紅葉が進んでいる。


81img_6055 82img_6052
          83img_6050 84img_6044

                      <全画像拡大可>

| | コメント (0)
|

2007年3月10日 (土)

≪フォト俳句(276)≫3/10 ② 白梅 (かさもり稲荷 法住院)

1img_5229


 前回記事で法住院の初護摩の始まりを告げる市中お練り供養の様子を取り上げたが、
 今回は白梅の咲く法住院をご紹介したい。

 前回記事の最後にも触れたが、下 左端画像の法住院境内には1月8日に挙行された柴燈大護摩供の跡が残っている。


21img_5212 X22img_5163
          23img_5164 24img_5168


 法住院かさもり稲荷と普通呼ばれている。 近所の人に法住院の名で訊ねても判らないかも知れない。 かさもりさんと言われて あ~あのお寺と気がつく程だ。 斯く云う私もそうだった。


31img_5169 32img_5184
          33img_5187 34img_5172


 稲荷神社の堂の中を覗いてみると、祈願の絵馬が笠の形をしていて珍しい。
 かさもりの名に因んでの事かも知れないが由来は知らない。

 しかしかさもりは漢字で瘡守と書く。
 は「できもの・はれものなどの皮膚病」の意味。 できものや傷口の皮膜を云う瘡蓋(かさぶた)の瘡(かさ)だ。 決して「笠」を意味する字ではない。

 調べてみると瘡守稲荷の名は全国的に見られる。
 法住院のかさもりさんは商売繁盛・病気平癒をうたっているが、元々はできもの・はれもの除けの稲荷なのだろう。

 と思ってネットを検索していたら それを裏付ける民話を見つけた。
 民話「瘡守稲荷(かさもりいなり)」である。 興味のある方はご覧頂きたい。


41img_5196 42img_5197
          43img_5201 44img_5203


 狛犬は稲荷であるから 当然として狐だ。 狛狐なんて聞いた事がない。 いったい何と呼ぶのだろう。 一刀彫のような荒削りなので分かり難いが、左側の狐が巻物を 右側が宝玉を咥えている。 


               白梅や稲荷狐の荒削り  暢一


51img_5195 52img_5234
          53img_0209 54img_0211


 法住院は寺号を花慶山法住院山安寺と言う。 天台宗山門派にて比叡山延暦寺の末寺。 
 885年頃に智証大師により建立されたとの歴史を誇り、本尊の不動明王立像は智証大師が42歳厄年の折の自作と言われる。

 また平清盛寄進の尼天像や伊勢国司であった北畠家の護持仏の十一面観音像などと文化財も多い。

              白梅や仏を入るゝ経の声   飴山實


61img_0213 62img_0208
          63img_5224 64img_5229


 稲荷の由来等については一昨年に
 ≪フォト俳句(108)≫≪フォト俳句(109)≫≪フォト俳句(110)≫等で取り上げた事もある。

 境内には蘇鉄句碑と呼ばれて知られている芭蕉の句碑やその他の句碑などが建つが、次回に譲りたいと思う。


71img_0217 72img_0199
          73img_0201 74img_0202

                      <全画像拡大可>

| | コメント (0)
|

2007年3月 1日 (木)

≪フォト俳句(275)≫3/1 ① 初護摩 1/8 (かさもりいなり 法住院)

2img_3930

  1img_3934


 正月3日の旅行記を5回に亘って続けてきたので記事にするのが遅くなってしまったが、
 今回は1月8日の事である。

 上の画像は何度か取り上げた事のある近所の商店街だが、山伏の一行が法螺貝を吹きながら練っていった。  山伏独特の装束が興味深く、追い掛けて撮影してみた。


31img_3937 32img_3938 33img_3939


Img_5522 この商店街からほど近い所に法住院が建つが、1月8日はこの法住院の初護摩である初かさもり大祭が開催され、その始まりを告げる市中お練供養の一行である。
 左の画像は我が家に頂いた法住院からの年賀状だが、毎年この初かさもり大祭の開催日を案内している。 画像を拡大すれば何とか文字も読んで頂けると思うが、行事内容部分を転記してみる。

 十二時   市中お練り供養
 十二時半  柴燈大護摩供執行
 一時半   火生三昧(火渡り)
 二時半   伊勢御師太鼓
 三時     開運餅まき
                      大福引・甘酒の無料接待 

 一度は参詣して盛大な護摩供の火を見たり火渡りを経験したいものだと思っているが、残念ながら休日ではないので機会を失っしている。 


           盛り場に初護摩告ぐる法螺の音  暢一


41img_3940 42img_3941 43img_3942
51img_3944 52img_3945 53img_3946
61img_3948 62img_3949 63img_3951


 柴燈大護摩供や火生三昧などはよく判らない行事の名なので少し調べてみた。
 以下に青梅市にある塩船観音寺のHPから引用させて頂く。

 『護摩供とは、お堂の中で火を焚き、炎の中に御本尊を勧請し、その中に様々な供物を投じ、秘密の真言を唱え、諸願の成就を祈る真言宗の秘法の護摩法で、このお護摩を屋外で焚くのが柴燈護摩です。
 柴燈護摩の始まりは、真言宗をお開きになられた弘法大師・空海の孫弟子に当たり、京都市伏見区にある、総本山醍醐寺を開山した理源大師・聖宝が奈良県吉野の大峰山にて毒蛇の調伏の為にお護摩を焚いたのが始まりです。
それ以来、総本山・醍醐寺は真言宗の総本山であると同時に、山岳信仰の山伏の本山にもなりました。 醍醐寺を中心とする山伏達を当山派修験道とよび、塩船観音寺はその別格本山です。』


 『この柴燈大護摩供の残り火の中を素足で渡り歩くのを火生三昧といい、一般的には火渡りと呼ばれています。
 炎の中に勧請された、御本尊と一体と成るために、そしてその御本尊の功徳を受けて、災難消除、身上安全、家内安全、等の諸願の成就のご利益が頂けると言われています。』 


 塩船観音寺のHPでは柴燈護摩供の様子が画像で詳しく紹介されていて興味深かった。 宜しければご覧になってみて頂きたい。


         初護摩の火の子滅法とどまらず  殿村菟絲子


        71img_3943 72img_3950


 山伏装束についても調べてみた。 これについては宮城県伊具郡の駒場山 愛敬院のHPを参考にさせて頂いた。
 上の左画像にて二人目の山伏で説明してみる。

 頭に被っている黒い物は頭襟(ときん)。 
 大日如来の五智の宝冠をあらわし、十二のヒダがある。

 左肩に掛けているのは結袈裟(ゆいげさ)。 
 修験道専用のお袈裟で九条袈裟という袈裟を折りたたんだもの。六つのフサは六波羅蜜を表す。

 右肩の赤い房は螺緒(かいのお)。
 山岳修行において岩場を登る時や危難の時にこれを解いて用いる用具。

 白い衣装は鈴懸(すずかけ)。
 修験道の入峰修行の法衣。鈴の字は五鈷鈴を、懸は金胎の曼荼羅をかけて修行することを表す。

 腰右側に小さく最多角念珠(いらたかねんじゅ)が見える。
 そろばんの玉の形した百八の珠からなる念珠。念珠は煩悩を断じて仏果を生み出す法具。

 右の後姿の画像より。
 背中に垂らしているのは上記の結袈裟

 腰の皮は鹿皮にて引敷(ひっしき)。
 行者が獅子に乗ることによって法性に入ることを表し、実用には岩角等に座する用具。 兎の皮もあるそうだ。


73img_5212 左画像が法住院境内とかさもり稲荷である。 この2月27日に撮影したが、柴燈大護摩供の跡がまだ残っていた。
 白梅が境内の一角を華やかにしていたが、次回はこの法住院をご紹介したいと思う。
 法住院は寛政5(1793)年の松尾芭蕉百回忌に建てられた蘇鉄句碑でも有名だ。
    <全画像拡大可>

| | コメント (2)
|

2006年12月17日 (日)

≪フォト俳句(267)≫12/17 ③銀杏・冬紅葉 (梅香寺)

1img_1956


2img_1605 前回に梅香寺の紅葉を題材とした画像に写っていたが、梅香寺の象徴的な樹は高々と聳える銀杏である。 
 「日々身辺抄(12月4日)」 でも柿の木を取り上げた折にご紹介した事がある。

 そこで梅香寺の三回目記事はこの銀杏の黄葉振りの画像を並べて見たいと思う。

 左の画像もそうであるが、まだ青葉の残っている銀杏の画像は11月27日に撮影したものだ。 
 その他は12月3日と8日に撮った。


31img_1586 32img_1807 33img_1623 34img_1991


 上の画像は一週間での黄葉の変化の様を、下の画像は紅葉との競演を撮ってみた。
 
 銀杏を詠んだ句で最も有名な句。


          銀杏散るまつたゞなかに法科あり  山口青邨


41img_1779 42img_1664
          43img_1806 44img_1959


                銀杏散る兄が駆ければ妹も  安住敦


51img_1923 52img_1753 53img_1921 54img_1778


             とある日の銀杏もみぢの遠眺め  久保田万太郎


61img_1924 62img_1993
          63img_1995 64img_2000      


7img_2715 12月15日にも梅香寺を訪れてみたら、銀杏は右の画像のようにすっかり散り果てゝ枯木となっていた。

 銀杏(イチョウ)の学名である Ginkgo biloba の Ginkgo は銀杏の日本語の音読み「ぎんきょう」 が元になって付いたものだ。 また biloba は二浅裂の意味。 
 しかし中国原産にて昔中国に留学した僧が持ち帰り寺院に植えた事から日本に広まった。

 公孫樹(イチョウ)とも書くが 「公」 は祖父の意味にて、祖父が種を蒔いても実が生るのは孫の代になる事からの名だ。

 また銀杏は精子を持つ雌雄異株の樹木にて 他には蘇鉄に見られるだけの特異な植物であるが、発見者は日本の平瀬作五郎。 生きた化石と言われ僧侶が寺院に植えていた為に現存している と図鑑に記載されていた。

 なお 銀杏の花と若葉については №231にて伊勢神宮外宮の駐車場の藤の花と共に取り上げた事がある。


81img_2712 82img_2723
          83img_2742 84img_2729
91img_2731 92img_2733
          93img_2736 94img_2746
101img_2754 102img_2755
          103img_2756 104img_2743


11img_2719

                                   .
 序でに 銀杏が枯木となっていた15日の紅葉も撮影したので載せてみた。
 紅葉もかなり散ってしまって梢も薄々としてきているが、極まりに近い紅葉の色はどこか淋しさを感じる。
 前回も載せた句だが句意が最も相応しいので再掲する。


   極まればものみな淋し冬紅葉  暢一

    <全画像拡大可>

| | コメント (2)
|

2006年12月10日 (日)

≪フォト俳句(266)≫12/10 ② 紅葉 (梅香寺)

1img_2023


 前回、百五銀行筋向橋支店横の梅香寺のまだ青葉の目立つ楓の紅葉をご紹介をした。
 11月27日撮影の画像であったが、その後も12月3日と8日に再訪した。 
 
 デジタルカメラはフィルムカメラのように枚数を心配する必要が無いので 短いながら時間の許す限り撮影したが、その中から三日共によく似たアングルで撮っていた画像を並べてみた。
 画像を拡大して紅葉の色の深みゆく様子をご覧頂ければと思う。 3日のみが日射しのある撮影だったが、紅葉そのものを撮影するのには薄曇りの時が一番綺麗に写るようだ。

 約5日毎の紅葉の変化を見るのは実に楽しかった。 さほど大きくもないたった一樹の紅葉がこんなにも境内を華やかに見せるのは驚きに近い。 
 紅葉 黄葉は伊勢の町中でも今年は例年になく美しい。  


               紅葉且つ散つてわが町美しき    


1img_1523 11img_1751 12img_1907


              紅葉且つ散つていよいよ色の濃き  暢一


41img_1573 31img_1754 32img_1926


               こんなにも空青くなる冬紅葉  暢一


43img_1626 41img_1755 42img_2003


               極まればものみな淋し冬紅葉  暢一


44img_1571 51img_1757 52img_1933


               夕映に何の水輪や冬紅葉  渡辺水巴


51img_1556 71img_1797 72img_2017


            冬紅葉冬のひかりをあつめけり  久保田万太郎


52img_1557 151img_1794 152img_1936


             日おもてにあればはなやか冬紅葉  日野草城


53img_1561 Img_1766 112img_1941


             一日づつ一日づつ冬紅葉かな  後藤比奈夫


Img_1656 Img_1765 122img_1944


              朱よりもはげしき黄あり冬紅葉  井沢正江


72img_1540 131img_1782 132img_2004


              紅葉かつ散る気に入らぬ服なりし  辻桃子


74img_1539 141img_1764 142img_2018


              冬紅葉一葉一葉と散り惜しむ  細見綾子


81img_1585 81img_1776 82img_1959


               紅葉明るし手紙よむによし  尾崎放哉


82img_1639 61img_1793 62img_1949


             恋ともちがふ紅葉の岸をともにして  飯島晴子


83img_1647 661img_1760 662img_1945


             この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉  三橋鷹女


84img_1638 1622img_1971 161img_1962


              大紅葉燃え上がらんとしつつあり  高浜虚子


92img_1640 771img_1800 772img_2019


                夕紅葉色失ふを見つつあり  高浜虚子

94img_1662 101img_1803 102img_1952


               敷石に紅葉散りけり門の内   寺田寅彦

      
104img_1654 Ximg_2008 Img_1981

                      <全画像拡大可>

| | コメント (2)
|

2006年12月 3日 (日)

≪フォト俳句(265)≫12/3 ① 紅葉 (梅香寺)

1img_1523


23img_1532

 私の一番利用する百五銀行筋向橋支店の路地を隔てた隣に梅香寺が建つ。
 「日々身辺抄」の10月23日にて柿の木を取り上げた折 百五銀行との間のこの路地の画像を載せた事がある。

 伊勢神宮のお膝元の伊勢でも寺院はあるのかと県外の人に訊かれる事があるが、朝熊山の山頂には大寺院の金剛證寺があり観光名所にもなっている事は№237でご紹介した。 
 町寺だが伊勢市内にも寺院は多い。 我が家から歩いて10分以内にも 6寺位を数える程だ。
 伊勢市内でも神式より仏式で葬儀を行うほうが圧倒的に多いからである。 一般市民の8割前後が仏式だと思う。 伊勢地方であったとしても市内以外となると全てが仏式だろう。

 明治に祖霊社が建立され、そこで神式の葬儀を執り行うようになる迄は伊勢神宮の神職や職員でさえも葬儀は仏式にて行われた。 高級神職のみが伊勢神宮での神式葬儀だったのだ。 
 祖霊社と神式葬儀については№180 №181で少し詳しく触れた。 


21img_1522 22img_1176 24img_1531


 11月27日の事。 銀行の駐車場から梅香寺の大銀杏が黄葉しだしているのが目に留まった。
 序でに寄ってみると、銀杏よりも 楓の例年になく鮮やかに紅葉しているのが目を惹いた。
 前々回にご紹介した花水木の紅葉もそうだったが、あまり美しく紅葉しない伊勢市内にも拘らず今年は特別に鮮やかだ。


31img_1628 32img_1629
          33img_1538 34img_1536
 41img_1573 42img_1572
          43img_1626 44img_1571
51img_1556 52img_1557
          53img_1561 54img_1562


 もう初冬の時期にも拘らず青葉も残り部分的には初紅葉の雰囲気もある。 
 緑と紅の対比が鮮やかで美しい。 ぜひ画像一枚々々を拡大してご覧頂きたい。


6img_1542


 梅香寺は瓦の葵の紋からも推察できるように歴史も由緒もある寺院である。
 小さな境内だが他の植物など撮り溜めてきた画像もあるので、今と今迄とを行きつ戻りつしながら 暫くは梅香寺を題材として進めていきたいと思う。


71img_1580 72img_1540
          73img_1541 74img_1539
81img_1585 82img_1639
          83img_1647 84img_1638
91img_1547 92img_1640
          93img_1558 94img_1662


           障子しめて四方の紅葉を感じをり  星野立子
         

101img_1649 102img_1637
          103img_1653 104img_1654


             濃く淡く庭を深めて紅葉せり  暢一


Img_1656

                      <全画像拡大可>

| | コメント (0)
|

2006年10月 5日 (木)

≪フォト俳句(254)≫10/5 等観寺

Aimg_7879


 伊勢神宮の神前町とは云え 伊勢市内には寺院も多数存在する。 我が家から歩いて10分以内の所にでも5つ6つを数える事が出来る程だ。 何処も小さな町寺にて観光の対象ではないけれど、それなりの古い歴史を持つ。

 9月10日の№249にて珊瑚樹を題材とした神社 坂社の隣にも寺院が仲良く並んで建っている。
 「等観寺」 である。  


1img_7883 2img_7888
          3img_7884 4img_7887


 「等観寺」 については№210で白梅を、古くは№55で百日紅、凌霄花を題材にして取り上げた事もある。

 10日程経つが等観寺前の歩道に咲いている鶏頭を撮影していて、門前の松の見事な緑に気が付いた。 緑豊かな老松とその枝振りを撮影してみたので、再度 等観寺を取り上げてご覧頂く事にした。


5img_7870 6img_7877
          7img_7869 8img_7866
9img_7867 10img_7875
          11img_7874 12img_7872


 等観寺は1394年に後小松天皇の勅願により建立されたと云う古く立派な歴史を持つ。
 一時期は常住雲水30名を数えた曹洞禅宗の大寺院の威容を誇り、末寺36を擁した中本山であった。
 1706年に焼失し5年後再興されたが、それで規模が小さくなってしまったのだろうか。 そこのところは知らない。


13img_7861 14img_7862
          15img_7860 16img_7852


 等観寺の庭を囲む白塀と対比して坂社との境に茂る珊瑚樹の実の紅色が鮮やかだ。


             珊瑚樹や寺と社と隣り合ひ  暢一          


 下の画像は3月に白梅を撮影した折の松だ。 今回撮影した松の画像と比べてみて その色の大きな違いに今更ながら気が付いて驚いた。


               雲流れたしかに秋の松の幹  桂信子


Bimg_1078

                         <全画像拡大可>

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧