« 霞む日  (鑑賞)  | トップページ | 落葉  (句評)   »

2006.01.26

蓑虫  (句評)  

          蓑虫や捨てきし夢の二つ三つ   加藤暢一


 伊勢在住で、東海支部の大切な世話役のお一人である。
 師選に入選した折のうれしそうな顔は、少年のようである。
 句座を何度か共にしているが、常に吟行なので掲出句のような作品には出会えない。 
 作品を書き出してみて改めてそれまで見え隠れしていた作者がある輪郭を持って見えて来た。
 しっかりとした写生句に魅かれていたのだが、巾のある作風に改めて期待した。
                                         (望月百代氏) 1995

« 霞む日  (鑑賞)  | トップページ | 落葉  (句評)   »