« 小春日  (句評)   | トップページ | 梅雨に入る  (句評)   »

2006.01.26

春の雲  (句評)  

          春の雲ふはふは旅にゆきたけれ   加藤暢一


 天真爛漫と申し上げては失礼であろうか。
 いやいや、このように絶妙な言葉のあそびは、句作りの酸いも甘いも承知の達人でなければ出来るものではない。
 等々、暫くはこの句を前に行きつ戻りつした作品であった。
                                          (萩原記代氏) 1997

« 小春日  (句評)   | トップページ | 梅雨に入る  (句評)   »