« 木の実  (句評)  | トップページ | 厚き手  (鑑賞)   »

2006.01.26

運動会  (句評)  

          運動会見てゐて昔見てゐたる   加藤暢一


 徒競走でも、綱引でもよい。子供達の競技を見ているうちに、
 かってのご自分の姿が重なって、一着のテープを切っておられたのかもしれない。
 私はいつも、びりだったので、それなりの悲しみをもって、昔を見るのだ。 
                                         (鹿野佳子氏) 1999

« 木の実  (句評)  | トップページ | 厚き手  (鑑賞)   »