全ての記事

2009.08.04

芽吹山  (自句寸感)

          大寒の街透きとほる月明り   加藤暢一
          伊勢道の一歩一歩に春来る     暢一

 立春と言っても実際は大寒と変わらぬ寒さです。 それどころか最も厳寒の時期かもしれません。 しかし今日は立春と思う目で自然を見ると、そこここの草木に春の兆しを窺うことが出来て嬉しくなります。

 学生時代の大阪・京都、そして神戸と二十年近く在住のあと、家業を継ぐ為に伊勢に帰郷した私は、それだけに郷土への思い入れが強いのでしょうか。 伊勢という郷土色の強い句を愛着をもって多く詠んできたようです。


          神鶏の人に親しき花馬酔木  暢一

 伊勢神宮外宮での景。 伊勢神宮は観光客にお馴染みの内宮と、伊勢市街中心部に位置する外宮とからなります。
 外宮までは我が家から徒歩十五分ほど、神苑に勾玉を模った池も広がり早朝散歩のお気に入りのコースです。


          明るさに匂ひありけり芽吹山  暢一

 伊勢神宮外宮の神領区に隣接する雑木山。 
 麓には母校が建ち、山中に遺跡も見られ趣のある散策の場です。

 伊勢神宮も雑木山も多くの句を恵んでくれました。 郷土に感謝です。

                          (「朝」寒露集二【巻頭作品に寄せて】 加藤暢一)2009

2009.07.04

初仕事  (句評)

          反り返る暦を正し初仕事  加藤暢一


 この句は前出の大平芳江さんの 「真つ白な月日の怖し初暦」 の句と趣を異にして、暦そのものを詠み、句の中心は<初仕事>である。
 たしかお店をなさっている加藤さんは、巻き癖のついた店頭のカレンダーを正し、新年初めての仕事を心新たに始められた。
                                         (真保喜代子氏) 2009

 

2008.10.26

冬の海  (句評)

          冬の海喪服を提げて旅にあり  加藤暢一


 五月号寒露集二の巻頭を占めた五句の中の一句。
 作者は伊勢の人である。ご本人との話の中で、二見ヶ浦も近いと聞いたことがある。 
 この冬の海は伊勢湾の海であろうか、それとも志摩半島を越して広がる熊野灘でもあろうか。
 そんな詮索は無用の事と承知しながら、南紀、伊勢、志摩の地図を広げてしまったが、喪服を提げて喪から帰る作者の目に映った冬の海は、見慣れた地元の景であろうか、それとも初めて訪れた地の冬の海の景なのか、又しても思いあぐねるのだが、白浪の見える限りは喪心は去らないようだ。
                                         (青山丈氏) 2008

2008.07.05

大夕焼 (自句寸感)

          志摩半島大夕焼に突き出でぬ  加藤暢一


 私の所属している結社「朝」東海支部の伊勢志摩吟行会の準備の為に予定地を一日かけて巡った折に詠んだ句。 
 志摩から南島地方を一人旅した事になり 吟行会当日よりも楽しかったかも知れない。
 
 最期の予定地を訪れた頃には既に夕方7時頃。
 その時 朝から曇り空であった西方の雲が割れて沈もうとする太陽が顔を出した。 
 思わぬ大夕焼けの海の景となり、まさに息を呑む程の美しさであった。

                                       (加藤暢一)2006

2008.06.06

冬燈  (自句寸感)

          母が寝てしまへば孤り冬燈  加藤暢一


 以前に私の作品は母をよく詠んでいる事が特長の一つであり、以外にも時に母への思いを深く感じさせる句がある、との主旨のご鑑賞をある方より頂いた事があります。
 それまでは意識の外でしたが、掲句からもお察し頂けるように、母と二人暮しの私が日記のように俳句を綴っていれば当然なのかも知れません。


          思ひ切り燗酒熱くして独り  暢一

 公私にわたって多忙な上、まずまず平穏な日常です。
 母との二人暮しを決して淋しく思っている訳ではありません。 母の就寝後、夜更けて独り酒を酌んでいると、ふと孤独を感じる時はありますが、それを楽しんでいる私がいたりする事もあるのは俳句のお蔭でしょうか。


          冬の海喪服を提げて旅にあり  暢一

 伯父(母の長兄)の葬儀の為、金沢に出掛けました。 日常に不自由の無い元気な母ですが、老齢の身には少し無理があり、私一人の旅となりました。

 俳句は日記。 眸先生のお教えを座右の銘とさせて頂いてきたお蔭で、どの句にも思い出が詰まっています。

                          (「朝」寒露集二【巻頭作品に寄せて】 加藤暢一)2008

2008.05.07

暮早し  (句評)  

          暮早しまだ一仕事二タ仕事  加藤暢一


 短日の心急く頃、自分にはまだもう一つ今日中に片づけなければならない仕事がある。 
 いや、一つではない、二つあった、という心の動きがそのまま読み取れて面白い。
 言葉の持って行き方によって、心の動きが生き生きと表されている句だ。
 一仕事二タ仕事と、並べて数えているのではない。 
 働き盛りの年代の実感であろう。
                                         (西村和子氏) 2003

2007.02.16

河骨  (句評)    

          花咲いて河骨と知る通ひけり  加藤暢一


 スイレン科の多年草の河骨は、沼地や小川に長卵形の葉を密生させる。 盛夏になるとその葉の中から実に鮮やかな直径二センチほどの黄色の花を上向きに咲かせる。 
 ああこれが河骨の花か、と加藤暢一さんは感動する。 そして暇が出来ると見に行くことになる。  
 下五の (通ひけり) の転換が句を心地良くする。 河骨は男にとっては可憐な花である。
                                           (青山丈氏) 2007

2006.11.25

半旗  (自句寸感)    

          パンジーの花壇より立つ半旗かな  加藤暢一


 平成18年2月末に伊勢市長が急死した。私の知人にて高校の後輩でもあり、一ヶ月程前に話を交わしたばかりのところである。
 真相はよく分からないが、警察の調べで自殺と云う結論となり尚のことショックを受けた。
 亡くなった翌日から伊勢市役所の国旗や市旗は半旗になっていたが、3月7日の散策時に市役所の前を通りかゝった折にも半旗が重く垂れており思わず目頭が熱くなった。
 後に市長選挙が実施され 森下隆生氏が当選して新市政がスタートした市役所に寄っても、前市長の不幸は触れるのもタブーのような雰囲気が感じられて淋しい。
                                          (加藤暢一) 2006

2006.09.21

藤袴  (自句寸感)   

          藤袴咲いて莟の紅惜しや  加藤暢一


 植物の名に疎い私は聞くは一時の恥と割り切って遠慮なく尋ねる事にしている。
 東海支部例会の会場で目にとまったのが、ごく小さなマッチ棒を十数本束ね、それを上から眺めたような赤い可憐な花である。
 早速句友に名を教えて頂くとそれは藤袴。 但しこれは未だ莟、こちらが花と指されたのを見ると、白っぽい繊毛のようなのがもじゃもじゃとしたあまりぱっとしない花であった。


          母老いて撫子似合ふ誕生日  暢一

 弟から毎年母の誕生日に花を送ってくる。 今年は撫子。 
 嬉しそうに食卓に飾っている母を見ていての実感。 老いてこぢんまりとしてしまったが、母は結構美人である。


          桐一葉素足の暮らしここらまで  暢一

 淮南子は天下の秋を知ったが、素足で草履を履いていた私の場合は卑近である。 但し詩に昇華出来たと思っている。


          ゆふぐれに少年泣けり曼珠沙華  暢一

 所謂純文学を一番愛読していたのは中学高校時代であった。 泣いているのは多感な少年時代の私であり、そしてその時代の気分を未だに引き摺っている現在の私である。
     
                          (「朝」寒露集二【巻頭作品に寄せて】 加藤暢一) 2003 

2006.08.27

冬帽子  (句評)   

           北へ行く鞄の上の冬帽子  加藤暢一


 温暖の国に住む者なら誰しも寒冷の地に哀愁を覚える。
 それだけに言葉だけが先走ると、安価な歌謡曲の感傷に堕する。
 さすがに作者は、言葉の説明を排し全ての思いを鞄の上の冬帽子に託した。
 きちっと揃った両膝に乗る旅鞄。 その上に置かれた冬帽子。
 そこから浮かび上がる生真面目な人間像と状況は、冬帽子によって無理なく読みとれるのである。
                                         (見留貞夫氏) 1990

その他のカテゴリー

全ての記事 句評 自句寸感 鑑賞