自句寸感

2009.08.04

芽吹山  (自句寸感)

          大寒の街透きとほる月明り   加藤暢一
          伊勢道の一歩一歩に春来る     暢一

 立春と言っても実際は大寒と変わらぬ寒さです。 それどころか最も厳寒の時期かもしれません。 しかし今日は立春と思う目で自然を見ると、そこここの草木に春の兆しを窺うことが出来て嬉しくなります。

 学生時代の大阪・京都、そして神戸と二十年近く在住のあと、家業を継ぐ為に伊勢に帰郷した私は、それだけに郷土への思い入れが強いのでしょうか。 伊勢という郷土色の強い句を愛着をもって多く詠んできたようです。


          神鶏の人に親しき花馬酔木  暢一

 伊勢神宮外宮での景。 伊勢神宮は観光客にお馴染みの内宮と、伊勢市街中心部に位置する外宮とからなります。
 外宮までは我が家から徒歩十五分ほど、神苑に勾玉を模った池も広がり早朝散歩のお気に入りのコースです。


          明るさに匂ひありけり芽吹山  暢一

 伊勢神宮外宮の神領区に隣接する雑木山。 
 麓には母校が建ち、山中に遺跡も見られ趣のある散策の場です。

 伊勢神宮も雑木山も多くの句を恵んでくれました。 郷土に感謝です。

                          (「朝」寒露集二【巻頭作品に寄せて】 加藤暢一)2009

2008.07.05

大夕焼 (自句寸感)

          志摩半島大夕焼に突き出でぬ  加藤暢一


 私の所属している結社「朝」東海支部の伊勢志摩吟行会の準備の為に予定地を一日かけて巡った折に詠んだ句。 
 志摩から南島地方を一人旅した事になり 吟行会当日よりも楽しかったかも知れない。
 
 最期の予定地を訪れた頃には既に夕方7時頃。
 その時 朝から曇り空であった西方の雲が割れて沈もうとする太陽が顔を出した。 
 思わぬ大夕焼けの海の景となり、まさに息を呑む程の美しさであった。

                                       (加藤暢一)2006

2008.06.06

冬燈  (自句寸感)

          母が寝てしまへば孤り冬燈  加藤暢一


 以前に私の作品は母をよく詠んでいる事が特長の一つであり、以外にも時に母への思いを深く感じさせる句がある、との主旨のご鑑賞をある方より頂いた事があります。
 それまでは意識の外でしたが、掲句からもお察し頂けるように、母と二人暮しの私が日記のように俳句を綴っていれば当然なのかも知れません。


          思ひ切り燗酒熱くして独り  暢一

 公私にわたって多忙な上、まずまず平穏な日常です。
 母との二人暮しを決して淋しく思っている訳ではありません。 母の就寝後、夜更けて独り酒を酌んでいると、ふと孤独を感じる時はありますが、それを楽しんでいる私がいたりする事もあるのは俳句のお蔭でしょうか。


          冬の海喪服を提げて旅にあり  暢一

 伯父(母の長兄)の葬儀の為、金沢に出掛けました。 日常に不自由の無い元気な母ですが、老齢の身には少し無理があり、私一人の旅となりました。

 俳句は日記。 眸先生のお教えを座右の銘とさせて頂いてきたお蔭で、どの句にも思い出が詰まっています。

                          (「朝」寒露集二【巻頭作品に寄せて】 加藤暢一)2008

2006.11.25

半旗  (自句寸感)    

          パンジーの花壇より立つ半旗かな  加藤暢一


 平成18年2月末に伊勢市長が急死した。私の知人にて高校の後輩でもあり、一ヶ月程前に話を交わしたばかりのところである。
 真相はよく分からないが、警察の調べで自殺と云う結論となり尚のことショックを受けた。
 亡くなった翌日から伊勢市役所の国旗や市旗は半旗になっていたが、3月7日の散策時に市役所の前を通りかゝった折にも半旗が重く垂れており思わず目頭が熱くなった。
 後に市長選挙が実施され 森下隆生氏が当選して新市政がスタートした市役所に寄っても、前市長の不幸は触れるのもタブーのような雰囲気が感じられて淋しい。
                                          (加藤暢一) 2006

2006.09.21

藤袴  (自句寸感)   

          藤袴咲いて莟の紅惜しや  加藤暢一


 植物の名に疎い私は聞くは一時の恥と割り切って遠慮なく尋ねる事にしている。
 東海支部例会の会場で目にとまったのが、ごく小さなマッチ棒を十数本束ね、それを上から眺めたような赤い可憐な花である。
 早速句友に名を教えて頂くとそれは藤袴。 但しこれは未だ莟、こちらが花と指されたのを見ると、白っぽい繊毛のようなのがもじゃもじゃとしたあまりぱっとしない花であった。


          母老いて撫子似合ふ誕生日  暢一

 弟から毎年母の誕生日に花を送ってくる。 今年は撫子。 
 嬉しそうに食卓に飾っている母を見ていての実感。 老いてこぢんまりとしてしまったが、母は結構美人である。


          桐一葉素足の暮らしここらまで  暢一

 淮南子は天下の秋を知ったが、素足で草履を履いていた私の場合は卑近である。 但し詩に昇華出来たと思っている。


          ゆふぐれに少年泣けり曼珠沙華  暢一

 所謂純文学を一番愛読していたのは中学高校時代であった。 泣いているのは多感な少年時代の私であり、そしてその時代の気分を未だに引き摺っている現在の私である。
     
                          (「朝」寒露集二【巻頭作品に寄せて】 加藤暢一) 2003 

2006.03.28

不況  (自句寸感・句評)  

          メーデーや店主は不況かこつのみ  加藤暢一
 

 父が朝日新聞の三重県版に投句していても興味を感じなかった俳句でしたが、たまゝゝ手にした俳句研究の眸先生の特集に感銘を受けた事が俳句入門の切っ掛けです。
 いろはも知らぬまゝ俳句らしきものを作り、俳句研究読者俳句にて眸先生の御選を受けながら一年近く迷った末、思い切って「朝」に入会したのが昭和62年2月。 
 翌年父が亡くなったり一身上にもいろいゝゝあったりして、何度かのブランクを経ながら投句は欠かさず続け現在に至っています。
 入会して間もなく都筑典子さんを中心として東海支部が発足し、ご指導を頂けた事が幸いでした。
 身辺に句友のいない私にとって月に一度の岡崎での句座が唯一の励みであり楽しみです。
 しかしこの不況は地方の小さな商店にも深刻です。
 恋の悩みは句になりますが、商売の悩みはどうも…。        (加藤暢一)
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 吟行会のお世話役で大忙しの中でも、いつも、はっとする佳句を発表する暢一さん。
 商店の経営は気骨の折れるもの、その中での懸命な作句ぶりを拝見していると、漆器問屋だった主人のことを思い出します。 頑張って下さい。           (岡本眸先生) 2000

その他のカテゴリー

全ての記事 句評 自句寸感 鑑賞