nobu-haiku.cocolog-nifty.com > b.画像一覧(‘07)

「日々身辺抄」へ戻る◇    (写真クリック⇒画像拡大)                       該当記事は拡大画像下の記事掲載日付、又はブログサイドバーの「花の検索」からご覧下さい。

極月の海大いなる旅にあり  岡本眸
鳩笛を買つて師走の人の中
木枯に川なすごとき街あかり  岡本眸
雪嶺の見えて伊勢路の北を行く
彩さまざま揺れさまざまに新樹どち
浜昼顔空より青き海の凪
身内みな東京に住み麦熟るる
踏切の鳴つて閑かな麦の秋
枝伐られ伐られ街路の桜かな
堤までゆく町中の桜さくら
お木曳の幟はためく桜かな
虻金色菜の花の色吸ひをれば
花菜咲く親子二代の通学路
ローズマリー日永の句座の眠くなる
膝抱くは弱気なときよ犬ふぐり
奥伊勢の春告草の便りかな
初花や幼馴染のことをふと
プリムラや市場閑かに昼下り
石畳たんぽぽ一輪咲く隙間
春夕焼家路の歩み緩やかに
暖冬のことなど少し立話
アロエ咲く伊勢国原のど真ん中
一群の鴨や雄雌同じ数
伊勢平野北の外れに来て雪嶺
田作の照り濃かりけり故郷よ 
元朝の空よく響く下駄の音