« 若葉 | トップページ | お木曳 »

2006年6月10日 (土)

お木曳

Phjfile_46

快晴の今日、早朝から各町のお木曳車が次々と繰り出しています。
仕事をしていてもお木曳車の椀鳴りや太鼓の音、木遣唄、えんやっ!の掛け声等が途切れる事なく聞こえてきます。
全国から参集した人々の奉曳団が近所で結団式を行い外宮まで出発しましたので仕事前に撮ってきました。
写真の右端っこにHPで取り上げた花水木が写っています。

Phjfile_45

大切に菰で保護さられたご神木を積んだお木曳車の標準的な姿です。
挨拶しているのは「赤福」の社長。

Phjfile_44

真横から

Phjfile_43


見たようなご夫婦。どこにでも顔を出す狂言師さんですねぇ。
奥様はお子さんを抱いています

Phjfile_42

外宮北御門に曳き込むところです。
この車は慣れていない全国からの奉献の人々ですから、勢いはそれ程でもありませんが、各町のお木曳車がここへ曳き込まれる折はえんやっ!えんやっ!と叫びながら物凄い勢いで走り込みます。「えんや曳き」と言います。
子供は危ないので退かせますが、大人でも時に怪我人が出ます。

 新緑へお木曳車なだれ込む  暢一


Phjfile_41

無事に曳き終えて万歳三唱。
お木曳行事は6月迄続きます。
元々ご用材を神宮に運び込むのは伊勢町民に課せられた強制的な労役だったのです。
同じやるなら楽しくなくっちゃ損々といつしか祭に変遷していったのです。

また詳しくHPでも取り上げようと思っていますが、取り敢えずのご紹介です。

(H18/5/6)

|

« 若葉 | トップページ | お木曳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若葉 | トップページ | お木曳 »